メンチ・哀愁の日記

〜なせばなる!

日本一のつり橋

怖くない?全長390m、日本一の大吊橋が渡り初め [読売新聞]

あれ…? てことは、茨城の竜神峡の大吊橋(375メートル)は歩行者専用つり橋日本一ではなくなった、ということですか。


ryu01.jpg
竜神大吊橋。(2006年2月)
コンクリート製とはいえ、つり橋だけあって結構揺れました。

ryu02.jpg
下のダム。高さは100メートルあるらしい。
それでも普通に橋を渡っている分には平気だったんだけど…。

ryu03.jpg
下丸見え…。
橋の真ん中に、側溝の蓋のように(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
| ニュース | 雑記 | comments (0) | trackbacks (0)

L'Arc〜麻生〜Ciel

「ラルク」で検索して麻生外相のページへ飛ぶのは何故? [CNET Japan Blog]

結局原因ははっきりせず。
ほんとYahoo!の検索は気持ち悪いなあ…。昔からメインで使ったことはないです。

私はGoogleのシンプルな検索の方が好きです。Googleは世界で圧倒的なシェアを誇りますが、日本ではYahoo!検索の利用者の方が多いようです。インターネット=Yahoo!なイメージが出来上がってしまっているのでしょうね。日本でのGoogleの知名度は決して高くないし、口コミ勝負なところがあると思います。

長年Yahoo!に慣れ親しんだユーザーは、いくらGoogleの情報量が豊富だとはいえ、今さら乗り換えるのは困難でしょう。もっとも、Yahoo!は何年か前に独自のシステムを導入するまで、Googleから検索システムを提供してもらってたわけですが…。Yahoo!も結局はGoogleの検索を目指している気がします。キャッシュ機能を付けてみたり。
| ニュース | - | comments (0) | trackbacks (0)

PS3でグリッドコンピューティング

オンラインゲームを気軽にプレイするための障害は、やはりクレジットカード中心の課金なわけですが…。
もし、PS3を使っていないとき(寝てる間等)、グリッドコンピューティングシステムの一端として毎月一定時間稼動させ、その提供料をもってオンラインゲームを無料にすることが出来たら…。オンラインゲームへの入り口が広がり、低年齢層化も図れ、結果的にゲームパッケージの売り上げ&オンラインユーザーの増加につながるのではないでしょうか。

代わりに電気代はかかりますが、個別にゲーム会社と金銭のやり取りをするよりは敷居が低いかと。
まあ、ユーザーの低年齢化はゲーム内でのモラルの低下にも繋がりかねませんが(笑)
| ゲーム | - | comments (159) | trackbacks (1)

怪現象終了

Yahoo!検索経由でラルクのHPへ行こうとすると、麻生太郎のHPへ飛んでしまう怪事件ですが、既に今日の午前中には直ってしまったようです。
結局何が原因だったのでしょうね。探偵ファイルあたりが喜んで取材しそうな気がするけど…。

ちなみに、いまだにYahoo!で「ラルク」を検索すると、7番目に麻生太郎オフィシャルサイトが出てきます(笑)(2006年10月28日23時現在)
| ニュース | - | comments (0) | trackbacks (0)

怪現象

えー、とりあえず、Yahoo!へどうぞ。

http://www.yahoo.co.jp/

検索欄に「ラルク」と入れて、検索ボタンをポチっとな。
そして、検索結果の1番上、ラルク公式HPらしきページに飛んでみると。

あら不思議(笑)(2006年10月27日19時現在)



ZAKZAKで記事にもなってました。

Yahoo!の検索結果で表示されているアドレスは、既にラルク公式のものではありません。
ラルク公式に来た人を強制的に転送しているわけではない、と。

ラルクのページにいける人も中にはいる、との噂だし、(Yahoo!の責任ではないとすれば)DNS関係のトラブルか、あるいはいじられたか…。よりにもよってこのページじゃ、偶然と考えるのも難しいような。Yahoo!のロボットが偽情報を掴むよう、誰かがラルクのページに仕組んだと考えるのが無難でしょうか。

しかし自らのトラブルの可能性をも認めないYahoo!は凄いですね(笑)
| ニュース | - | comments (6) | trackbacks (0)

逆転裁判4に成歩堂龍一登場

法廷アドベンチャー『逆転裁判4』の体験版が全国の「DSステーション」にお目見え! [電撃オンライン]

体験版はどうでもいいんだけど、第1話の話に注目。第1話からいきなり前作までの主人公、成歩堂龍一が登場するようです。殺人容疑がかけられた被告人として。

しかしこのキャラ絵、本当にナルホド君なのでしょうか…。いくら7年経過したとはいえ、雰囲気が全然違うのですが。別人が成りすまして黙秘する…利点が何かあるんでしょうか。もし別人だとしたら、成歩堂をよく知るアウチ検事やサイバンチョが気付かないわけが………ついにボケたか(笑)
| ゲーム | - | comments (3) | trackbacks (0)

ニンテンドーDS「逆転裁判2(リメイク版)」明日発売

逆転裁判2 Best Price!
逆転裁判2 Best Price!
カプコン

GBAで出た「逆転裁判2」がニンテンドーDS用ソフトとして明日10月26日(木)に発売されます。GBA版の1をDS用にリメイクした「逆転裁判 蘇る逆転」とは異なり、追加される話はありません。「蘇る逆転」のシステム同様、操作しやすくなる程度です。しかし、最初から“Best Price! ”として3,129円で発売されるので、未プレイの方には断然こちらのDS版をオススメします。

GBA版を持っているなら、わざわざ買うこともないと思いますが…。私はDS版でも揃えておきたいので予約しました。再プレイ時に少しでも快適な環境でプレイ出来ますしね。

新しく開発中されているニンテンドーDSソフト「逆転裁判4」は来春に発売が予定されていますが、おそらくその前にDS版リメイク「逆転裁判3」も発売されると思います。こちらは発売日未定なので、確実とは言えませんが…。4の発売日が延びて、来春3が発売…なんてこともあるかもしれませんね(嫌だな

逆転裁判シリーズ公式サイト [カプコン]
(DS版逆転裁判2 PV&体験版あり)


個人的な願望ですが、余った容量を全て注ぎ込んでモロヘイヤのアクションだけ豪華になってたりしないかな(しねーYO
| ゲーム | - | comments (1452) | trackbacks (0)

TVアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」第2話無料ストリーム配信は明日午前10時まで?

コードギアス 反逆のルルーシュ - 無料動画を配信中 [BIGLOBEストリーム]

明日午前10時に第2話の無料配信が終了し、同時に第3話が無料配信開始される予定のようです。

次からはいちいち書かないと思いますが、毎週水曜更新なのでお忘れなく。
| アニメ | - | comments (6) | trackbacks (0)

F1第18戦ブラジルGP 決勝

アロンソがタイトル奪取! マッサは母国GP初制覇 [F1-LIVE.com]

今日の主役は4人いました。

セナ以来13年ぶりに母国優勝し、ブラジル国歌を流したフェリペ・マッサ。
きっちりドライバーズ・タイトルを獲得したフェルナンド・アロンソ。
引退レースで驚異的な追い上げを見せ付けた、ミハエル・シューマッハ。
そして、スーパーラップを連発して実力でトップ10入りした佐藤琢磨。


まずはフェリペ・マッサ。
もしアロンソがリタイアして、シューマッハが2番手に上がってきたら、おそらく優勝を譲っていたはずです。私はミハエルは応援していましたが、実際にそういった行為がされていたら、複雑な気持ちだったでしょう。これで良かったのだと思います。母国GPでの優勝……それはマッサにとっても、ブラジル国民にとっても大きなことです。セナ以来、実に13年ぶり。ましてや今回は、その間F1を引っ張ってきたミハエルの引退レースなのですから。変なカラーのレーシングスーツも、結果としては良かったんじゃないかな(笑)


次に、フェルナンドアロンソ。
2年連続でのドライバーズ・タイトル獲得は、例えマシンに力があれど、真に実力を伴わないドライバーに出来ることではありません。地上波でも言っていましたが、越えるべき壁に先立たれてしまったミハエルとは違い、そのミハエルを破った上でのタイトル獲得です。いつものおちゃらけたパフォーマンスとは違う、込み上げる涙は、タイトルの重みを如実に表しているようでした。
同時にルノーはコンストラクターズ・タイトルをも獲得。来季はエンジンの仕上がりがいまいちなマクラーレンに移籍するので、今後数年エンジン開発が凍結されることを考えると、厳しいシーズンを繰り返すことになるでしょうが…。マクラーレンがそんな状況、ルノーは開発鈍化傾向、フェラーリはミハエル離脱で体制が変わるため先行き不透明…。エンジンの調子が良く、今季体制を維持するホンダは来季チャンスかもしれませんね。


引退レースとなったミハエル・シューマッハ。
華麗なスタートを見せたと思いきや、9週目にタイヤバースト(ロズベルグのクラッシュの破片orフィジケラとの接触が原因?)で最後方に下がるなどトラブル続きでした。
ですが結果は4位。2位のアロンソから僅か5秒差の4位。とても引退するとは思えない、4位でありながら誰もが認める今日のベストレーサーでした。
もし、予選か決勝9週目、どちらかのトラブルがなければ優勝も十分可能だったでしょう。それで流れが変われば、ドライバーズ・タイトルの可能性もあったはず。しかし、結果では若手ドライバーに花を持たせて、自分は最高の走りで観客を魅了……圧倒的なポールトゥウィンよりも、最後を締めくくるのに相応しいレースだったのではないでしょうか。

私が小さい頃憧れていたドライバーは、アイルトン・セナでした。そのセナが死んだ時、セナを追いかけて真後ろにいたのがミハエルでした。
F1をしっかり見始めた頃には既にセナに代わってミハエルが王者となっていました。表面の明るい表情や言動とは異なり、腹に黒いものがあると分かった上で応援してましたが(笑)
ジャックとの事件等で、その狡猾さに嫌気がさしたこともありました。今ではそれはミハエルの“弱さ”だったのかもしれないと思っています。彼とて、ターミネーターなどではなく、れっきとした人間なのですから。

ミハエルは、世界中の人々からはF1の代名詞として、多くのF1ファンからは愛されるべき悪役として、長い間活躍してきました。今寂しさを感じている私も、何だかんだ言って、結局はシューマッハが好きだったのかもしれません。琢磨が3位表彰台に乗ったとき、優勝したシューマッハが「今日は2人の勝者がいる」と琢磨を称えた姿が忘れられません。またパドックでミハエルを見られる日が来ることを願っていますが、とりあえずは家族サービスと心の休養を。


佐藤琢磨に関しては…。
私が日本人だから“今日の主役”に琢磨を入れたわけではありません。今日の走りには、世界中の誰もが驚いたことでしょう。チーム設立から僅か1年で10位…それも、雨の波乱等に頼ることなく、実力で。あのマシン……SA06で、トップチームに劣らない、予選のタイムにも匹敵する1分13秒台を連発し、全71周の中で何度かラップリーダーになったんです。まるで、リミッターを外した途端、セナがホンダエンジンのために乗り移ったかのように。
スーパーアグリのスタッフも、ピットでミスをしないどころか、他チームをも上回る正確さで琢磨を送り出しました。去年までいたBARホンダで、どれだけお粗末な仕打ちを受けてきたかを思い出せば…完全なる新チームでのスタッフの努力には頭が下がります。
結果、ライバルのスパイカーMF1だけではなく、レッドブルやトロロッソにも先着しました。新車を設計したプレストンは、SA06デビュー前に、レッドブルと戦える位置に持っていくと明言していました。当時は何を大げさな、とも思っていたのですが、最終戦でやってくれたじゃないですか。ブリヂストンも見事です。

山本左近も完走を果たしました。オーバーテイク出来なかったりミスしたりで、結果は実質最下位でしたが、最後に予選をも上回る素晴らしい自己ベストを記録しました。来季のシートは危ういですが、今後経験を積めば、まともなドライバーとして認められる日も来るでしょう。

SAF1のスタッフの皆さん、お疲れさまでした。今日は皆がヒーローです。
1年間、最高の夢をありがとうございました。
そしてまた、来年!
| F1 | - | comments (3) | trackbacks (1)

F1第18戦ブラジルGP 予選

マッサが地元でポール獲得! シューマッハに不運・・・ [F1-LIVE.com]

ミハエルは、最後の予選、Q3の1周目で姿を消しました。
Q2で歴史的なレコードを記録した後での悲劇。圧倒的な速さを持ちながら、10番手スタート。トラブルの内容によっては、20番手もしくはピットスタートとなるでしょう。


しかし、悲観する必要はありません。優勝への道はまだ残されています。
もしかしたら、セナが、奇跡の逆転優勝のシナリオをお膳立てしてくれたのかもしれない…。


ドライバーズ、コンストラクターズの各タイトルを争い、引退レースとして世界中から注目されているミハエルとは、皆決して無駄な争いはしないはずです。上位数人とフィジケラを除いて、まるでモーゼの如く、他車は道をあけるでしょう。唯一、損得なしで邪魔をしそうだったジャックも、もうF1にはいません。。(涙) つまり、ある程度の順位まで難なく上げた上で、優勝へ向けて勝負を仕掛けられます。

また、ここはインテルラゴス。例年、スタート直後の1コーナーでトラブルが続出します。中団からのスタートは不利ですが、上手く切り抜ければジャンプアップの可能性もあります。そのトラブルでアロンソがリタイアする可能性だってあるわけです。アロンソの前にはライコネンとトゥルーリ……怖い存在です。

ミハエルは、無難に10位からスタートするのも良いし、ピットスタートで確実に1コーナーでの混乱を回避し、重い燃料を積みながら易々と順位を上げるのも手です。おそらく信頼性確保のためにエンジンに制限を加えているだろうアロンソとの直接対決も見られるかもしれません。アロンソは1ポイントでも取れば良いわけで、無理にミハエルとやりあう必要はありませんが……。クールに徹すると表面上言い切っているアロンソにも、意地があります。何も起こらないとは言い切れません。

もし最後のスティントで、アロンソが入賞圏外(orリタイア後)で、2番手のミハエルがマッサを追いかけているような状況だったら、マッサは何かしら理由を付けてペースを落とすでしょう。地元レースであることを差し引いても、ミハエルから貰った恩は大きすぎます。

ミハエルの最初の関門は、やはりフィジケラ。フィジケラは例えミハエルを巻き込んでリタイアしたとしても、ルノーやアロンソにとっては利益以外の何者でもありません。
しかしフィジケラには、マッサほどチームメイトに尽くすべき恩がありません。ましてや、自身が1ポイント差でマッサを追っている状況です。ミハエルをたとえ抑えたとしても、クリーンな勝負となるはずです。

これだけ書いても、逆転でのタイトル獲得の可能性は5%も無いと思っていますが…。
0では、ありません。それは、無難なポールトゥウィンより、ずっとずっと面白い、いつまでも人々の記憶に残り続けるレースが展開される可能性。



…不安なのは、ミハエルが10グリッド降格してスタートする場合。横に…琢磨と左近…。左近も、来季デビッドソンがスーパーアグリに乗ると噂されているため、これが引退レースとなるかもしれませんが。。もしシューマッハに接触でもすれば、井出以上の悪評を受けて去ることになるでしょう。
触らぬ顎に、祟り無し…。


琢磨と左近は、予選でタイムを出した中での最下位……定位置でした。しかし、トラフィックに巻き込まれながらも、ミハエルのスーパーラップから3秒以内に収めました。開幕時に比べれば、なんと素晴らしい前進でしょう…。
フリー走行のロングランでは、1分15秒台の安定したペースを刻んでいましたから、レースでもやってくれると信じています。くれぐれも、フェラーリとルノーにだけは関わらないよう注意を。


決勝は、フジテレビ系列で深夜1時50分から生放送です。
きついけど……今年最後ですから頑張りましょう!
| F1 | - | comments (0) | trackbacks (2)
1/4 >>