メンチ・哀愁の日記

〜なせばなる!

更新情報−オリジナル・ボーカル曲「Spread Wings」公開

オリジナル・ボーカル曲をHPにて公開しました。

■Spread Wings /歌 菅谷みさとさん

試聴版 - MP3-128kbps
ダウンロード版 - MP3-192kbps

−−構成−−
†<tempo-115bpm>
†0:00 サビ後半(8)

†<tempo-130bpm>
†0:17 間奏(8)

†0:31 Aメロ(16)
†1:01 Bメロ(8)
†1:16 サビ(16)

†1:45 間奏(8)

†2:00 Aメロ(16)
†2:30 Bメロ(8)
†2:44 サビ(16)

†3:14 間奏(16)

†3:43 サビ(16)

†4:13 後奏(8+α)
−−−−−−

2年ほど前に、とある企画のために作曲しました。一度は主題歌として決まっていたのですが、企画のイメージ変更に伴って没になってしまいました。どんなにきちんと計画を立てていたとしても、イレギュラーは必ずありますし、それは仕方のないことですが…。何十時間もかけて作曲していると自然に思い入れも深くなってしまうもので、単体でもちゃんと作品として仕上げたいという思いがありました。

イメージに合う歌い手さんを探し回って、菅谷みさとさんにお願いしました。
快く引き受けてくださり感謝しています。ほんと、頼んで良かったと思える方でした。


…せっかくの歌声を私の未熟なミックス技術が足を引っ張ってる可能性は高いですが(^^;
演奏と歌声を合わせるのは意外と難しいもので、ただ合わせるだけでは歌声がバックの音に隠れてしまいます。「“自然な”歌声を演出する」ためにも、様々な処理をする必要が出てきます。

私には元々、音楽作りに関して何の知識もありません。また、それには“Windowsの使い方”や“MS Wordの活用法”みたいなマニュアル本など無く、教えてくれる人がいるわけでもないので、全てが手探り状態です。
手探りなりに、今回はボーカルに対して大まかにこんなエフェクトを使ってみました。

●コンプレッサーで音量を平均化
●ショートディレイでバックの音になじませる
●エキサイターで前面に引き出す
●リバーブで広がりを出す
●ロングディレイで奥行きを演出


それぞれやりすぎると雑音が出てくるので、加減が難しいんですよね。何をもって“良い”とするかの判断自体が難しいですし。…昔に比べたら大分マシになってきた気がしますが、まだまだ研究しなくては。。せっかく頑張って歌ってくれた歌い手さんに申し訳ないですからね(^^;

ってか、色々試しながらミックスしてたら楽しくて徹夜してました(笑)
| INFOMATION | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0)

F1第17戦ブラジルGP 決勝

アロンソが初タイトル獲得! F1に新時代到来 [F1-LIVE.com]

チャンピオンが顎から眉毛に移りました。
…失礼、チャンピオンの座が6年ぶりにミハエルのもとを離れ、アロンソが獲得しました。

ブラジルGPでの優勝者はモントーヤです。アロンソが安定して3位を走っていたため、2位走行のライコネンに協力する必要もありませんでした。

アロンソとライコネンは現在6勝同士なので、今後の2レース次第ではライコネンが勝ち数で上回ってしまいます。以前から指摘されていますが、現在のポイント配分には問題があります。いかに速く走るかより、いかに安定して結果を残すかが重要になってくるので、オーバーテイクシーンなんてそうそう見られるわけがありません。ダウンフォースを減らす等の技術的な対策よりも、各レースの優勝の価値を高めることこそがF1を面白くすると思うのですが…。せめて1位2回>=2位3回くらいに配分しなおして欲しいです。

ライコネンは一昨年、2ポイント差でミハエルに及ばなかったわけですが、ミハエルの6勝に対してたった1勝しかしていませんでした(笑) 安定感のみで争って敗れた経験があるだけに、逆の立場で敗れた今シーズンも相当悔しかったことでしょう。今夜は(って向こうはもう朝だけど)酒でも飲んで思う存分露出したらいかがですか。日本に来れなくなりそうですけど(爆)

まだコンストラクターズタイトル争いは続いています。ついにマクラーレンがルノーを逆転し、現在2ポイント差と接近しています。消化レースにはならないので、ひとまず安心です(^^;


琢磨は10位でした。いくら1ストップとはいえ、ペースが遅すぎて、前に詰まることすらありませんでした。今年のBARは燃料を積むとトラブルを抱え込んで極端にペースダウンする気がします。今回は左のリアサスペンションに異常が出たそうです。一度は狙い通り6番手まで上がったものの、燃料が軽くなって一番攻めなければいけないピットストップ前にタイムを稼ぐことが出来ませんでした。上位チームが1分12秒台を出しているのに、琢磨は1分14秒台がやっとの状況でした…。また、琢磨の走り方はタイヤを酷使させてしまうのか、いつも終盤になると他車に比べてペースダウンしてます。燃料が重いと余計にタイヤを消耗するし、路面はバンピーだし、、ここでのペナルティは痛すぎました。せめて予報通り雨が降っていたらなあ…。

とはいえ、1周目のごぼう抜きと、後ろを抑え切ったのは見事でした。ペースが上がらないなりにも、きっちりを仕事をして、鈴鹿へ望みを繋ぎました。


トゥルーリは終始BARやザウバーに詰まって、結果的に13位。。フラストレーションの溜まるレースだったでしょうね。

モンテイロは終盤エンジンから白煙が上がり、連続完走記録が止まってしまいました。あと5周で完走扱い、そして残りのレースはたった3戦だっただけに。。残念です。

愛娘の手形付きヘルメットをかぶったピッツォニアはスタート直後にリタイアしてしまいました。次戦から、今期絶望と思われていたハイドフェルドが戻ってくるかもしれません。また、来期のレギュラードライバーと噂されるロズベルグJrも乗るのではと噂されています。ウィリアムズとしては、遠慮なくドライバーを交換出来る結果となりましたが、ピッツォニアは実力をアピールする最後のチャンスだったかもしれないだけに残念でした。


次戦はいよいよ日本GP、10月9日です。フジテレビで日本GP史上初の生放送をするそうです。つまりスーパー競馬を切るということだから、相当な覚悟を持って放送するのでしょう。(ついでに永井君も切ればいいのに(笑)) それまでの2週間に、ウィリアムズがドライバーを発表しそうだし、琢磨の動向からも目が離せません。…ミッドランドでも、乗れるだけマシですよ。
| F1 | - | comments (3) | trackbacks (2)

F1第17戦ブラジルGP 予選

アロンソがポール獲得! タイトルに王手 [F1-LIVE.com]

ここ数日、琢磨がカッコ良く見えるのは気のせいではないと思います。何かがふっ切れてます。

ミッドランド(現ジョーダン)が琢磨獲得に向けて動き出したようです。また、ウィリアムズ移籍への光明も微かに見えてきました。今までハイドフェルドの後釜にばかり目が行ってましたが、なんと、ウェバーを解雇する動きが出てきているようです。琢磨という格安かつスポンサーも期待出来るドライバーが解放されたためかもしれません。それに、ウィリアムズの2006年のエンジンはコスワースですが、2007年はトヨタかホンダが有力視されているので、日本人を保有しておくことは交渉を有利に進めるための武器になるはずです。

ウェバーも琢磨も、フランクの好みと思われるアグレッシブなドライバーですが、片や性格が逝っちゃってる上に、琢磨はコース外ではとにかくクレバーですからね。マシンの開発能力も考えたら、、琢磨に置き換えたいと思っても不思議ではありません。ウィリアムズなら今までのようにチームメイト間での贔屓も無いでしょうし、、可能性はまだ低いけど、是非とも移籍を実現して欲しいものです。

まだ琢磨を大事に思ってくれてるジョーダンにも感謝しないといけませんね。見てる人は見てますよ、BARホンダの内情を。ミッドランドに引き続きエンジンを供給するトヨタとしても、いずれは自チームに日本人を乗せるつもりらしいですから、今までホンダが育て上げて、名前も売れているドライバーを格安で引き受けられるなら万々歳でしょう。

この一週間でホンダのイメージが急降下しました。ホンダもバトン側にしてやられた格好でしょうけど、認識が甘すぎたということで…。BARのイメージは元々あんなもんだし(笑) 何でしたっけ、参入1〜2年目でコンストラクターズタイトルを取るとか言ってませんでしたっけ。


琢磨の予選は予想された通り、インストレーションラップのみでピットに戻りました。このレースの結果は鈴鹿に直結するから、何としても結果を出したいでしょうね。最後方からのレースになるので、オーバーテイクショーが期待出来ます。テレビにはなかなか映らないでしょうが、今回は地上波でも生放送なので、LiveTimingで順位を確認しながら見ることが出来ます。

ライコネンはセクター1でミスって、無念の5番手スタートとなってしまいました。ただ、PPのアロンソよりは明らかに重タンですし、自力での優勝は十分可能だと思います。バトン如きはスタートでかわせるでしょうが、3番手スタートのフィジケラがちょっと厄介です。早めに攻略出来るかどうかが鍵となりそうです。

ライコネンが優勝してモントーヤが2位に入っても、アロンソが3位に入るとチャンピオンが決定してしまいます。誰か(琢磨以外!)、怪我しない程度に撃墜してくれないかなあ(^^;

バリチェロは10番手…エンジンを交換したトゥルーリが10グリッド降格するから、9番手になるのでしょうか。今回は面白いレースを見せてくれるでしょう。なんたって、感動ブラジリアンですから!
……フジテレビもいい加減にして欲しいです(苦笑

ブラジルはマッサ、ピッツォニアの母国でもあります。3人も走ってるなんて、日本人からすれば羨ましい限りです。
また、コロンビア生まれの我らが(大嘘)モントーヤにとっても母国のようなものです。感動コロンビアン……書いてみたけどやっぱり奴には暴れん坊が似合ってますね。
| F1 | - | comments (1) | trackbacks (2)

F1第17戦ブラジルGP フリー走行

マクラーレンが1-2! トヨタが3番手 [F1-LIVE.com]

琢磨は10グリッド降格が決定している上に、予選2番手出走ということもあり、どうせ走っても無駄なので、予選前にエンジンを鈴鹿スペシャルに交換して、予選は走らない(もしくはインストラップのみ)ようです。したがって遠慮なくテストをすることができ、3rdドライバーを除くと、初日のトップ周回を重ねました。フリー走行1では怒りの走りで(笑)2番手を獲得、フリー走行2では20番手だったものの、タイヤテストに集中して有意義な1日となりました。今回はほぼ間違いなく重タン作戦(変則2ストップ?)でしょうから、そのシミュレーションを兼ねていたのだと思います。ペースは安定していたので、明日は確実に良いタイムを出してくるでしょう。

今回また雨になる可能性もあり、うまくいけば逆境を跳ね返せるかもしれません。いざとなれば、他車と異なり、気兼ねなくピットスタートが出来ることですし。…自滅やBARのショボイ作戦が足を引っ張る可能性も飛躍的に高まりますが(^^;

インタビューを見ていても、何かがふっ切れた印象を受けます。これが良い方向に出てくれれば、面白い展開が期待出来ます。控えとしてBARに残ることはないと言い切ってますし、“チームのため”ではなく“自分のため”に琢磨がどんな走りを魅せてくれるか楽しみです。


ライコネンはここでアロンソに対して5ポイント縮められなければ、アロンソのチャンピオンが決定してしまいます。残り3戦でこの状況ではほぼ決まったようなものですが、ライコネンの3連勝は可能性が高いですし、アロンソが運悪く3連続リタイアすることもあり得ないとは言い切れません。日本GPを盛り上げるために、タイトル決定を持ち越して欲しいところです。
| F1 | - | comments (3) | trackbacks (0)

バトン残留発表、琢磨BARレギュラーシート喪失決定

B・A・R Hondaが2006年のドライバーを発表 [F1-LIVE.com]

ついに正式発表されてしまいました。琢磨が降ろされるのは、今年の結果を見れば仕方の無いことと思います。不運とミスの連続で、目を覆いたくなるほどの結果しか残していません。ですが、バトンが残るというのがどうしても気に入りません。

バトンに関するゴタゴタは去年(2004年)から始まりました。BARホンダとの契約が残っているにも関わらず、2005年からのウィリアムズ移籍を発表し、揉めに揉めた挙句FIAの判断でBARホンダに残ることになりました。仕方なくバトンは、ウィリアムズと2006年からの契約を結びました。

この時点で既に彼は多くのファンと信用を失っていたわけですが…。

今年になって一転、来年以降もBARに残りたいと駄々をこね始めました(笑)
しかも、BARはバトンの代わりとしてバリチェロとの契約を発表した後でした。

バトンには、他チームからどころか、人としての信用がもうありません。ウィリアムズも、今年の騒動が起きてからは、こんなドライバーは欲しいとは思ってなかったということでしょう。アホなチームから金を搾り取るための、フランクの策略だったと見るべきです。噂では、40億の違約金を支払い、バトンと100億で5年契約を結んだとのことです。優勝経験も無いドライバーのために、140億…。

こんなことなら、アンソニーに残って欲しかったですよ…。

バトンが残留すれば、琢磨のクルーがバリチェロをサポートすることになりそうです。つまり、バリチェロは再び2nd待遇となってしまいます。そもそもバリチェロがフェラーリに対して嫌気がさした理由は、ミハエルのワンマンチームだったからでしょう。当初の予定通り、“バトンの代わり”なら問題なかったわけですが、これで納得出来るのでしょうか。BARというチームにおいて、ジャックや琢磨がどんな扱いを受けてきたか、知らないわけはないでしょう…。


琢磨は当然落胆しているようですが、ファンに対して「近いうちに良いニュースを届けられることを楽しみにしている」というようなコメントを出しています。…まあ、カーティケヤンですら来シーズンに対して楽観的なコメントを残してるくらいなので、可能性は少ないですが(笑)、まだ希望が残っているのかもしれません。

今後の可能性を考えてみました。

サードドライバーとして残留 − 一番可能性は高そうです。金曜アピール狙いで。
テストドライバーとして残留 − プライドが許すでしょうか。
ウィリアムズに移籍 − 可能性はかなり低いですが、実現すれば一番良い選択かと。
ミッドランド移籍 − あり得ますが、アンソニーのシートを奪うのもどうかと…。
ミハエル引退、フェラーリ移籍 − 万に一つの可能性(笑)
バリチェロがウィリアムズにレンタル&琢磨残留 − バリチェロ次第。まず無いでしょう。
トヨタにサードドライバーとして移籍 − トヨタは来期金曜に3台目を出せない気がしますが。
A1GP参戦 − 日本チームを指揮するのが、昔琢磨が世話になっていたカーリン。
IRL参戦 − ホンダの後押し次第では。
フォーミュラ日本 − 乗れるでしょうけど、ここは墓場です…。


他にも可能性はあるでしょうが、どうなることやら…。

とにかく、残り3戦はBARで走れるのですから、まだアピールするチャンスはあります。ここで結果を残せるかどうかは今後に大きく響くと思います。
10グリッド降格のブラジルGPを堅実な走りで完走、そして鈴鹿で表彰台へ……期待しています!
| F1 | - | comments (5) | trackbacks (2)

佐藤琢磨、来期BARレギュラーシート喪失がほぼ確定

バトン、B・A・R Hondaとの契約をまもなく発表!? [F1-LIVE.com]

16日にハイドフェルドがBMWと3年契約を結び、ウィリアムズはバトン獲得の意思を固めたのかと思いきや、BARへ契約ごと売却することに合意したようです。公式発表ではないので確定ではありませんが、水曜日にバトンの残留発表があるとの噂です。

ウィリアムズとしては、大手スポンサー離れも続き、来期のコスワースエンジンの資金も危ないくらいだったので、妥当な判断かと思われます。

F1はチーム毎の差が大きいから、今季のシューマッハを見れば分かるように、ドライバーよりもマシンの方が重要なんですよね。優勝経験も無いドライバーを、数十億の資金をかけて買いとってくれる愚かなチームがあるのだから、ウィリアムズとしては“してやったり”でしょう。…まあ、バトンの評価をここまで高めてしまったのは、琢磨との比較による部分が多いのでしょうけどね…。

琢磨はサードドライバー降格か、チーム離脱となりそうです。かといって、移籍先は期待出来ません。とりあえずサードドライバーとして金曜アピールして、チームのオールホンダ化を信じて待つのが最善かと思われます。


これで来年は楽しみが半分くらい減ってしまいます。
もし日本で2GP開催の噂が本当なら、日本人ドライバー不在はかなりの痛手だと思うのですが…。エクレストンも今頃焦ってるかもしれませんね(笑)


あーもう、全部デマであって欲しい。。
| F1 | - | comments (2) | trackbacks (5)

任天堂次世代ゲーム機「Revolution」コントローラー発表

任天堂、岩田聡氏が基調講演でRevolutionのコントローラを初公開!
片手で遊べる、さわる感覚の斬新なコントローラー [impress]


ついに発表されました。ポインティングデバイス付きのリモコンのような形でした。ぱっと見、斬新すぎて付いていけないような感覚を覚えましたが…。

コントローラーの位置、ねじれ、距離感などを測定するので、剣として振りかざしたり、指揮棒のように動かしたりといった動作も認識出来るようです。今のところ成功しているニンテンドーDSのように、本体の性能がどうあれ、アイディア勝負で面白いゲームが生まれるかもしれません。

変わっているだけではなく、クラシックコントローラ等の外部入力機器も接続でき、普通にゲーム機として遊べるようです。…そりゃそうですよね、過去の作品もネットからダウンロードして遊べる、ってのも“売り”なんですから(^^;
ただ、せっかく本体と標準コントローラーがスマートになったのに、周辺機器が多くなって結局ごちゃごちゃしそうな予感がします。


私はPS3以外は買うつもりがないのですが、ソフト次第では心変わりするかもしれません…。逆転裁判なんて出たら間違いなく買ってしまうでしょうね。

もしRevolutionで逆転裁判が出たら…。
画面をずばっと指して、マイクに向かって「異議あり!」と叫んだりするんでしょうか。

……。

「くらえ!」でコントローラーをテレビに投げつけそうで怖いです。
| ゲーム | - | comments (0) | trackbacks (1)

ナムコ、PS2「ゼノサーガ EP3」&DS「ゼノサーガI・II」発表

やけにゲーム関係の発表が多いなと思ったら、東京ゲームショウが開催されてたんですね。ナムコからゼノサーガ完結編が発表されました。

ナムコ、「ゼノサーガ」シリーズファイナルエピソード
PS2「ゼノサーガ エピソード III [ツァラトゥストラはかく語りき]」 [impress]


ちょ……こんなのモッコス様じゃねえええΣ( ̄□ ̄;

ナムコ、本格SFロールプレイングゲーム
ニンテンドーDSに登場!! 「ゼノサーガI・II」を発売 [impress]


さては、2作をまとめ、デザインを統一することによって邪神モッコスの存在をうやむやにする気ですね!(笑)


EP3はロード時間が大幅に短縮されるそうですが、確かEP2でもそんなことを言ってたと思うのであまり信用出来ません。まあ、一般的なRPGよりちょっと遅い程度くらいまでは改善されるかもしれませんね。スタッフはまだ発表されていません。音楽は…どうせ光田さんは戻ってこないでしょう。高橋哲哉氏が制作に関わってるかどうかも怪しいです。

またフィギュア付きの限定版とか出すんですかね。モッコスの復活も、まだ希望が持てそうです。どうせ限定版なんて買わないから、復活してくれた方が面白そうです(笑)


DS版は、何かが出ることは知っていましたが、これは意外でした。EP1とEP2をまとめて移植するようです。と言ってもグラフィックのクオリティ等々、完全に移植出来るわけがないので、新規エピソードも追加してシステム面から再構成されるようです。うーん、、容量が心配…。値段も、DSソフトのくせに、定価6800円とか設定しそうな気が。5千円くらいなら買ってしまいそうです。ストーリーを思い出すためにサクサクプレイ出来そうですし。…PS2版をやり直すのは気合が入りますよ…。

発売日は未定ですが、EP3の前には出すようです。
| ゲーム | - | comments (1) | trackbacks (0)

ニンテンドーDS「逆転裁判 蘇る逆転」明日発売

逆転裁判 蘇る逆転
逆転裁判 蘇る逆転

いよいよ15日(木)に発売されます。

出来れば完全新作の方が嬉しかったのですが、追加章によりボリューム2倍とうことで、既プレイ者でもやり応えは十分あると思います。GBAのソフトを同時にさせば、追加された章からもプレイ出来るようです。が、私は最初からやり直すと思います。…GBAソフト探すの面倒だし(爆)

私は限定版の方を予約しました。Amazonの予約では、予約受付開始後すぐに在庫切れ、稀に再開してもすぐになくなる始末で、後々プレミア付くかも…。……付いたところで売りませんけど(笑)

限定版は元々のファン向けな要素が強いので、通常版でも十分だと思います。これだけの良作を、4千円ちょっとで楽しめるなら安いものですよ。

今のところ、不安だった「予約数分確保出来ませんでした」メールは来てないので、無事発送完了メールが……届くといいなあ(ぉ


さあ、思う存分サンバンチョに証拠品を投げつけるぞーー!(←何か間違ってる)
| ゲーム | - | comments (0) | trackbacks (0)

FF7AC、明日発売

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン (初回限定豪華パッケージ仕様)
ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン (初回限定豪華パッケージ仕様)

Amazonから発送メールが来てました。
明後日発売の逆転裁判ばかり楽しみにしていて、すっかり忘れてました。

配達方法が佐川メール便…。荷物が小さいとこれになってしまうんですよね。私が住んでる場所への配達では、大抵2〜3日かかってしまいます。荷物が大きい時のペリカン便なら確実に翌日到着するのですが…。

かと言って、荷物を大きくするためにまとめ注文をしてしまうと、まとめる手間で発送自体が遅れます。その間に、初回限定版などは無くなってしまうことも…。

せめて佐川ではなく、クロネコヤマトのメール便に変更してくれると安心なのですけど。
| ゲーム | 映画, アニメ | comments (0) | trackbacks (0)
1/2 >>