メンチ・哀愁の日記

〜なせばなる!

F1第13戦ハンガリーGP 予選

シューマッハ、今季初ポールで復活の狼煙! [F1-LIVE.com]

ハンガリーGPが開幕しました。ハンガロリンクはモナコに次ぐ低速サーキットで、抜きにくいことで有名です。ただ見てるだけでは、面白みに欠けるレースとなりそうです。琢磨が何かやらかさない限り。 出来ればLTでペースを確認しながら観戦したいところですが、フジテレビでは生放送はしないんですよね。残念。

予選では、ミハエル・シューマッハが全てのセクターでトップタイムをマークし、久々にポールポジションを獲得しました。なんと、今期初です。今回フェラーリはフリー走行から速さを見せていました。散々な言われ様だったブリヂストンが必死に改善してきたのかもしれません。耐久性を犠牲にしていなければ良いですが…。燃料はさすがに軽めでしょうから、マクラーレンに対抗するのは厳しいと思いますが、トヨタのトゥルーリとラルフが上位(3番手&5番手)にいることから、その後ろにいるルノーに対してかなりのアドバンテージになりそうです。

琢磨は10番手です。予選でセクター2だけやけに遅かったようですが、何かミスでもあったのでしょうか。また偶数グリッドからのスタートですが、後ろはチーム力が違うので心配する必要もないでしょう。トヨタのおかげで前から離されずについて行くことが出来るので、それほど悪い位置ではないと思います。ピットのタイミング次第で上位進出も狙えると思います。トラブルが無ければ。トラブルさえ起こさなければ。

ハンガロリンクは、琢磨には合わないコースのひとつだと思ってます。抜きどころが少ないということは、オーバーテイクを仕掛ければそれだけリスクを負いますし、常に前を狙っている琢磨にとっては正直厳しいレースになると思います。無難に走りきってポイントを獲得して欲しい気持ちもあるけど、一方でそういうコースだからこその華麗なオーバーテイクシーンを見たいという気持ちもあります。複雑です(^^;

BARは来期のドライバーとしてバリチェロと契約を結んだという噂が流れています。これが事実かは分かりませんが、バリチェロがBARのシートを狙っているのは事実です。
バトンは結局ウィリアムズに移籍することになると思います。去年あれだけの騒動を引き起こしたにも関わらず、BARに残りたいというのは、わがままにも程があります。今期のウィリアムズの低迷ぶりを見れば誰もがその心境を理解出来ると思いますが、自分で蒔いた種なんですから。せめて、ウィリアムズが低迷した場合のオプションも付けておくべきでしたね。
で、バトンの代わりにバリチェロが移籍してきたとして、、それでも琢磨の残留は厳しいでしょうね。。
いずれにしても、来週あたり色々と動きがありそうです。バトン次第で他のドライバーの運命が左右されるなんて…。


燃料搭載量予想は…シューマッハとトヨタの2台以外はみんな2ストップ狙いで積んできてるのではないでしょうか。…あ、でも、トゥルーリは怪しいかな(笑)
2ストップ作戦のチームの中でもルノーが重めな気がしますが、ルノーはそろそろ失速し始めてもおかしくない頃なので、どの程度かは想像しづらいです。

下位チームで気になるのは…ナレイン君がアルバースに前に行かれてることです(笑)
頑張れカーティケヤン、陽気な走りで観客を魅了してオクレ!


予選とは関係ありませんが、金曜日に、ミナルディの3rdドライバーとして、41歳のイスラエル人二ッサニーが走りました。午前のフリー走行だけ走ったのですが、なんと前のドライバーから6秒遅れで、タイムが有るドライバーの中ではダントツの最下位となりました。この歳で乗れるのだから、よほどマネーが動いたのでしょうね(^^;
| F1 | - | comments (1) | trackbacks (0)

映画「SAW」感想

SAW ソウ DTSエディション
SAW ソウ DTSエディション

サスペンスホラーまたはサイコスリラーのジャンルに属する映画です。とにかく怖い映画だと友人が言っていて、気になってDVDを借りてきました。(でも彼女は見てないらしい(笑))

目覚めるとそこは老朽化したバスルームで、対角線上に2人の男…それぞれが鎖で繋がれていて動けず、2人の間には自殺死体…。


奇妙なシチュエーションから始まるアイディアはキューブに近いです。
ただ、面白さとしてはSAWの方が上かと思います。脱出のために謎を解くことに終始するだけではなく、乙一的な面白さを感じ取れるのです。(←彼の小説を読んだことがある人はなんとなく分かると思う(^^;)

映画の面白さを伝えるため、あまり核心に迫らない程度にネタバレをしますが…。

男は足を鎖で繋がれていて、鎖は切れないノコギリが手元にあります。
でも、どうしてもその場から動かなくてはいけません。さあ、どうしますか。


…この作品の怖さの質に気付いていただけたでしょうか。

ただし、この作品は安易なスプラッタ描写をしません。確かにグロテスクなシーンもありますが、私の中では、作り物としての娯楽の域を超えて嫌悪感を抱くギリギリ一歩手前で収まっていました。その分、想像力で恐怖感が補われてしまうわけですが…(^^;

ラストの展開は…。シックスセンスでは開始10分で謎に気付いて楽しめなかった私ですが、SAWには見事にしてやられました。これで終わるわけがないと、ある程度は予想していたんですよ。
ただ、そこにいるとは思いませんでした(笑)
恐怖や驚きを通り越してヒーヒー笑ってしまいました。予想していたというより、予想させられていたのでしょうね。後味が悪いのに、あまりにコロッと騙されてしまって爽快という、なんとも不思議な気分に陥ってます。終わってみると、なるほどな、と。映画のタイトルにも、公式HPの気持ち悪い画像にも。

家でDVDを見るときは、何度も中断することが多いのですが、最後まで一気に見てしまいました。尺が長すぎないというのも、緊張感を持続させることに役立っています。

はっきりいって期待以上でした。
これから見る予定の方は、下手にレビューを見て評価を確認するより、とりあえずレンタルでもしてきて見ることをお勧めします。夏の夜にいかがでしょう。

お気に入り度 ★★★★★★★★☆☆(8点)
| 映画 | - | comments (0) | trackbacks (0)

クルサードが通行料未払いで捕まる

クルサードが通行料未払いで捕まる [F1-LIVE.com]

ちょっと前に、レッドブルのマシンでイスタンブールのボスポラス橋を渡り、「史上初めてF1マシンでヨーロッパからアジアへ渡った男」として話題になったクルサードですが…。なんと、そのときに通行料を払っていなかったということで20ユーロ(約2700円)の罰金を請求されました(爆)
これだけ大きなイベントで、F1トルコGPに向けて良い宣伝にもなっただろうに、あまりに細かすぎます。トルコイメージ悪っ。

こんなんで“捕まる”などと書かれるクルサード、哀れ(笑)
| F1 | - | comments (0) | trackbacks (0)

佐藤琢磨ストラップ

佐藤琢磨 ストラップ [FORZA]

最近この変なストラップを買って、周りの目も気にせず喜んで付けていたのですが…。


ts_st.jpg


腕とれた_| ̄|○

そこだけ弱そうだなあとは思っていたのですが、レーサーの腕が取れるなんて洒落になんないですよ。。

もういいです、接着剤でくっつけて、どっかに飾っておきます…。
| F1 | - | comments (0) | trackbacks (0)

F1第12戦ドイツGP 決勝

アロンソが逆転勝利! バトンは今季初表彰台! [F1-LIVE.com]

ライコネンは久々にトラブルなくレースに入れたというのに、本番でエンジントラブルが出てしまいました。これだったらレース前に壊れていた方がマシでした。何にしても、耐久性があってこその速さですから、アロンソに完敗したと言わざるを得ないでしょう。次戦の出走順は最初なので、予選出走順がどれだけタイムに影響するのかを計れそうです。

最下位スタートのモントーヤが、猛烈な追い上げで2位に入りました。予選でのミスが悔やまれます。もっとも、それでエンジン交換をしなかったら、ライコネンと同じ運命を辿っていたかもしれませんが。

バトンはきっちりシューマッハをオーバーテイクし、記録上今期初表彰台を獲得しました。フィジケラに勝てたのは、ある意味琢磨のおかげでもあるんですけどね。

12位の琢磨は、運が無いというより、リスクを負ってでも上位を狙ったための、当然の代償です。むしろ運が無かったのは琢磨に追突されたフィジケラでしょう。謝罪はしたようですが、、あれで順位を落としてしまわなければ、優勝争いも可能だったでしょうから。
結果を出せないどころか、トラブルメイカーと化してしまっている現状では、来期のレギュラードライバーのシート確保はかなり厳しいです。ホンダの後押しが有効になるだけの結果を、一度でも残さなければ。バトンのあの位置に立たなければ…。

もうこんなレースはうんざりです。…でも、一番そう思っているのは琢磨選手本人でしょうから。辛いでしょうけど、冷静さだけは欠かさないでください。次こそは! 応援しています。

ジャックは、笑うしかないほど不運に襲われました。ルーベンス、ドーンボス、モンテイロと、たて続けにヒットされ、ミナルディのアルバースにも先着されてしまう始末。モンテイロなんて、あからさまにジャックの位置に気付いてませんでしたからね。トラブル続きでポイント争いどころじゃなかったから、あまり目くじらを立てることもなかったのでしょうけど。ま、その不運に琢磨が関わってなくて良かったです(笑)

えー、、ナレイン君、君は毎度のことながらコースアウトしすぎです(笑)

次戦はハンガリーGP、今週末です。


ドイツGPには関係ありませんが…。
アメリカGPボイコットでミシュラン勢7チームにペナルティが決定していた件で、新証拠提出により、その有罪判決は取り下げられました。ここ数戦のフェラーリの体たらくぶりから考えたら、よほどのペナルティでも与えない限りチャンピオンに仕立て上げることは難しいですからねえ。(何であれFIAに嫌味を言ふ(笑))
| F1 | - | comments (5) | trackbacks (1)

F1第12戦ドイツGP 予選

ライコネンがポール奪取! フロントローにバトン [F1-LIVE.com]

久々にトラブルなく予選を迎えられたライコネンがポールポジションを獲得しました。
montoya-hockenheim_230705_220x148.jpg一方モントーヤはライコネンにも劣らないアタックを見せましたが、最終コーナーでオーバーステア気味になり、アクセルを緩めてそのままスピンしてしまいました。
最後列スタートとなり、またF1は次戦後に休みが入るので、長い間エンジンを眠らせておくことを嫌ってエンジン交換を実施する可能性があるそうです。その際は多めに燃料を積んでピットスタートになるかもしれません。

バトンが2番手に入りフロントロウを獲得しましたが、ルノーとは勝負にならないでしょう。アロンソがスタートでかわして、ライコネンとのバトルを繰り広げることになりそうです。バトンのライバルは実質シューマッハ…この戦いは見物です。
琢磨は8番手で、セクター2でミスしたものの、予選5番手出走にしては良い結果だったと思います。ただ最後にモントーヤがミスして、偶数グリッドに上がってしまったのは痛いです。何せ後ろがトゥルーリですからねえ(^^; 前のウィリアムズを上手く利用してブロック出来れば上位入賞が見えてきそうです。

上位8台の燃料搭載量予想

ウェバー<ミハエル<ハイドフェルド<バトン<琢磨<アロンソ<フィジケラ<ライコネン



トゥルーリとラルフは今回は見せ場が無さそうです。トヨタは開発ペースが落ちてきてるようで。

バリチェロは重かったんだろうけど、さすがに15番手はヤバイと思います。戦略でレッドブルとザウバーは難なく交わせるとは思いますが、ポイントを獲得するのもやっとでしょう。

ジャックは僅か1000分の3秒マッサにかないませんでした。なんとももどかしいですが、ジャックの方が重タンであることを期待しています。

カーティケヤンはセクター2でまたアウトラップより遅いと喜んでいたら、そのままピットに戻ってしまいました。。大きなミスを2度犯してしまったそうです。ただ、今回はミナルディよりパフォーマンスが優れないようなので、作戦を変えて勝負した方が有利かもしれません。
| F1 | - | comments (1) | trackbacks (0)

F1第12戦ドイツGP フリー走行

マクラーレン、ダントツの速さで1-2! [F1-LIVE.com]

最近Racing-Live.comの調子が悪いです。画像が時々しか表示されないのは私のPCだけでしょうか。記事は読めるけど見づらいなあ…。

今回もマクラーレンとルノーの争いとなりそうです。BARはフェラーリとの(チームとして)3番手争いに終始しそうです。もっとも、マクラーレンとルノーの4台がリタイアする可能性も無いわけでは無いので。特に今回は、決勝で雨が降る可能性があるとのことで波乱の展開があるかもしれません。

琢磨は1回目9番手、2回目18番手でした。2回目はタイヤテストのためのロングランのみですし、BARは初日に回転数を抑える傾向があるので、2日目にどこまでタイムを伸ばしてくるか見ものです。でも、フリー走行からして常にバトンのタイムを下回っているときはロクな結果にならないんですよね…。やはり予選で琢磨のアタック直後に雨が降ってくれることに期待するしかないですか(笑)(土曜は晴れの予報ですが)

ミナルディのフリーザッハーは噂されていた通り持参金が用意出来ず、解雇されました。今回は代わりにジョーダンの3rdドライバーだったドーンボスが走ります。
| F1 | - | comments (0) | trackbacks (0)

ミュージック・バトン

バトンと聞いてジェンソン・バトンしか頭に浮かばなかった私は、末期のF1中毒と思われます。
何度か指定されてもよく分からずスルーしていたのですが、お世話になってる歌い手さんから指定されてたので、せっかくなので調べてみました。

はてなダイアリー - Musical Batonとは

面白い試みですね。悪魔の手紙のように強制するものでもないし。
というわけで質問に答えてみます。

1.コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

■オリジナルを除くと30GB程度です。
とりあえずCD買ったらMP3エンコードして、CD封印(笑)


2.今聞いている曲

…って、何も聴いてないんだけど、、さっき聞いた曲でよかったら。
■アルゴリズム体操


3.最後に買ったCD

■L'Arc〜en〜Ciel 『 Link 』 試聴出来るページ
軽いポップな雰囲気で、tetsu作曲だと一発でバレますね(笑)
ストリングスが好きです。特に前奏と最後のサビ。この音の使い方はラルクならではです。
初めて聴いた時、微妙に抵抗を感じたのは、私の曲とサビの最初の6音のタイミングかぶっていたからでしょうか。
劇場版鋼の錬金術師のOPらしいですが、あまり売れる曲ではないでしょう。
アルバム「AWAKE」に収録されている、EDの『LOST HEAVEN』の方が断然良い曲だと思うのですが、何故そちらをシングルにしなかったのでしょうか。


4.よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

■L'Arc〜en〜Ciel 『 花葬 』 試聴出来るページ
邦楽ロックバンドからはラルクを。
1曲だけ選び出すのは難しいのですけど、シングルでは『花葬』が、他には真似出来ない“味”がもっとも出てるのではないでしょうか。ダークでぶっ壊れた怪しい世界観は、人によって激しく好みが分かれるところだと思います。私はこの気持ち悪さがたまらなく好きです。

■BON JOVI 『 Livin' On A Prayer 』 試聴出来るページ
洋楽からも1曲。
ボンジョヴィを知らずにロックを語るな……とは言い過ぎかもしれませんが(笑)、私がもっともはまったロックバンドです。中学のときはボンジョヴィばかり聴いていて、受験勉強なんてした記憶ありません(ぉ
今聴いても古くささを感じないって、凄いことですよね。この曲なんて80年代の曲ですよ、私が鼻垂らした幼稚園児だった頃(^^;

そういや、、オレンジレンジのメンバーにもボンジョヴィ好きがいるんでしょうね。
なんたって初めてブレイクした曲が(以下略

■光田康典 『 CHRONO CROSS 〜時の傷痕〜 』
クロノクロスのOP曲です。
インストゥルメンタルにこんなに心を打たれることがあるとは思ってもみませんでした。
フルートが奏でる物悲しいイントロから急展開、激しい民族音楽調のリズムでバイオリンが力強くメロディーを主張します。
EDの『RADICAL DREAMERS〜盗めない宝石〜』は、OPとは全く趣が違い、左右のアコギ2本とボーカルだけというシンプルな構成となっています。こちらも名曲ですが、ゲームをプレイしてこそ良さが分かる曲かもしれません。

■Lia 『 鳥の詩 』 大昔のしょぼい耳コピデータ
初めてI'veを知った曲であり、初めてLiaさんを知った曲でもあります。
正直、たかがエロゲー曲だと侮っていたので、カルチャーショックでした。
(Liaさんは後々、青空やDisintegrationを聴いて、凄い人だと思うようになりました)
昔はI've soundを耳コピして、その良さをたくさんの人に伝えようと頑張っていた頃もありましたが、今はあまりやっていません。あんなシンセ音をGMで表現しようなどと、無謀もいいとこですから(^^;
どのみち最近はJASRAC信託が多いですしね…。

■オリジナル 『 ル.メイテルパーティ! 』 試聴
初めて真面目に作りこんだオリジナル曲です。
この曲を作らなかったら、作曲の世界に深く足を踏み入れることはなかったでしょう。AメロからBメロへの強引な展開など、未熟な部分が多いですが、元気だけはいっぱい詰まってます(笑)
歌入れは何度か企画があがったものの、結局最後まで叶いませんでした。


5.バトンを渡す5人

数少ないブログ持ちの知り合い、ほぼ全員書き終わってるんですけど…。
返すわけにもいかないし…おそるべしネズミ講エナジー。

■JP(ファンパブロ?)


もういねーi|||il||li _| ̄|○ il||li||i
泣いていいですか。

しかもアイツ絶対書かないよ(爆)
某レストランのガーリックハンバーグを賭けてもいいです。何ならメッコールとドクターペッパーも付けますよ。

| 音楽 | - | comments (1) | trackbacks (1)

更新情報−MUSIC ROOMに1曲追加

他のサークルの同人企画に提供したオリジナル曲のインストゥルメンタル版を1曲公開しました。

Maybe Moon -instrumental ver.-
(MP3-128kbps)

−−構成−−
† <tempo-142bpm>
† 0:00 前奏(26小節)

† 0:44 Aメロ(8小節)
† 0:57 Bメロ(8小節)
† 1:11 サビ(16小節)

† 1:38 間奏(8小節)

† 1:51 Aメロ(8小節)
† 2:05 Bメロ(8小節)
† 2:18 サビ(16小節)

† 2:51 後奏(8小節+α)
−−−−−−

ボーカル集「うぉ〜た〜はざ〜ど」(2002年)に収録されました。CD収録版では、歌入りで音源を差し替えて頂いてます。

とあるドラマCDのOPとして、2002年に作曲しました。
ドラマCDは企画自体がなくなってしまったのですが、歌曲としては完成していたので、ボーカル集に収録していただけました。

音を詰め過ぎて失敗したかなと思ってましたが、予想に反して結構評判が良かったです。私も、歌が入ってからは好きになれました。
| INFOMATION | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0)

会津旅行記

17〜18日に会津へ旅行に行ってきました。
行った先は、柳津虚空蔵尊、田子倉ダム、奥只見ダム、塔のへつり、喜多方ラーメン食べ歩きなどなどなど…。写真が大量にあり、ここに載せるのも何なので、別のページにレポートを書きました。

続きはこちらへどうぞ。
旅れぽ2005夏
| 雑記 | - | comments (0) | trackbacks (0)
1/3 >>