メンチ・哀愁の日記

〜なせばなる!

光田康典×加藤正人「キリテ」

キリテ [Amazon.co.jp]

「クロノトリガー」「ラジカルドリーマーズ」「ゼノギアス」「クロノクロス」という、幾つもの名作を世に送り出してきた作曲家光田康典氏とゲーム(シナリオ)クリエイター加藤正人氏による、音楽と物語のコラボレーションアルバム「キリテ」がリリースされました。付属する「キリテの五つの季節」という小説の章名とCDの曲名が一致していて、音楽を聴きながら小説を読み進めるスタイルになっています。面白い試みですが、ある意味、アナログなサウンドノベルと言えるかもしれません。

まずCDだけを聴いてみたら、ゼノサーガのような壮大なものではなく、(私の好きな)クロノクロス系の郷愁を誘う光田さんらしい楽曲でした。それでいて、音源という制限から開放されて、自由な表現を楽しんでいるような雰囲気が伝わってきました。ただ、その時は、良作ではあるものの、何度も繰り返し聴きたいとまでは思いませんでした。

次に本だけを読もうとしたら、何だか入りづらかったんです。何の説明もなく深刻な場面が展開されていたり、哲学的な悩みがつらつらと列挙されていたり。4〜5ページで一旦読むのをやめました。

それで今度は、きちんと最初から音楽を聴きながら読んでみたんです。……一気に最後まで読み終えました。音楽だけでも、小説だけでも、この作品を語ることは出来ない、、その意味がよく分かりました。さっきまで退屈に思えていた曲まで、物語とシンクロして心に刻まれていくようでした。

加藤氏が作り出す不思議な世界観には独特のクセがあるので、万人に勧められるかというと難しいですが、彼らが作り出してきた物語に一度でも心を惹かれた経験のある方には是非お勧めしたいです。読み終えたときにじんわりと心を温めてくれます。

キリテの公式ページはこちら。(試聴可)


P.S. 高橋真澄さんが撮影された、ブックレットの幻想的な四季の写真が凄く綺麗ですよね。。
| 音楽 | ゲーム, | comments (2) | trackbacks (0)

F1第7戦ヨーロッパGP 決勝

アロンソが大逆転勝利! ライコネンに悪夢 [F1-LIVE.com]

raikkonen-europe_290505_220x152.jpg残り6周の時点で1位ライコネンと2位アロンソの差は約6秒、フラットスポットが出来た右フロントタイヤをかばいながら走り続けるライコネンを周1秒以上速いペースで追い詰めるアロンソ…。最後の最後まで分からない白熱した展開になりましたが、ファイナルラップの1コーナー、1秒差まで詰め寄ったアロンソの直前で、ライコネンのタイヤは無残にもサスペンションごともぎ取られ、無念のリタイアとなりました。周回遅れを除くと10台残っていたので、結局11位完走扱いでノーポイントになってしまいました…。ライコネンを応援していたわけではありませんが、見てるこっちまで悔しくなるような光景でした。ただ、危うくタイヤがヘルメットに激突するところだったので、命が無事だっただけでも運が良かったと言えるかもしれません。

タイヤ1本までの交換は認められているとはいえ、もし交換していたら勝利を捨てることになったでしょう。リスクを負ってでも勝ちにいくのは当然のことで、タイヤ交換なしというレギュレーションの問題点が浮き彫りになりました。費用削減大いに結構、でも命は金には替えられません。F1名物タイヤ交換の復活を望みます。(←何より、そのシーンがないと物足りなくて(^^;)

podium-europe_290505_220x151.jpg優勝はアロンソが手にしました。今後マクラーレンに追い上げられるのは目に見えているので、この10ポイントは大きいです。例えライコネンに5連続優勝されても、2位に食い込めば10ポイント縮められるだけで済みますからね。。

琢磨は、スタートは成功して一時は9番手に上がったものの、溜め息が出るほど予想通り1コーナーで他車(おそらくマッサ)に突っ込んでフロントノーズを損傷したせいで余分なピットインを余儀なくされ、大きなハンデを背負ってしまいました。1コーナーでの接触はそもそもウェバーがモントーヤに突っ込んだ影響で混雑していたのが原因ですが、きっちり巻き込まれるのが琢磨らしいです(笑) そしてそれを華麗に回避するのがバトン。ファイナルラップでもあわやライコネンの事故に巻き込まれるところでしたが、一瞬の差で回避しました。ペースは上がらず10位に終わりましたが、ほんと運は良いですよね。琢磨は結局12位でした。アロンソの直後を周回遅れで走っていたため、ライコネンのリタイアによる恩恵は受けられませんでした。…受けたところでどうせポイントは入らないのですが(^^; まあ、“古いエンジンをいたわって、リタイアせずに、カナダGP予選順でそれなりに良い位置を確保する”という最低限の目的は果たせました。カナダ、アメリカでは十分表彰台を期待出来ると思います。…もう初の表彰台に立ってから1年近く経ってしまったんですね。あの頃は、これから何度でも表彰台に立てるだろうと心を躍らせていたというのに。

ジャックは1コーナーの混雑でカーティケヤンの後ろに入ってしまい、10周ほど辛酸を舐めたようです。でも、同一周回なんだから文句を言うのも筋違いです。カーティケヤンだって頑張ってるんだよっ(笑) マッサに終盤トラブルが起きて、なんとかチームメイトに先着することが出来たようですが、評価を回復するには程遠い結果です。次回の母国GPに期待します。…ま、予選では直後の琢磨に抜かれるでしょうけど(笑)
| F1 | - | comments (4) | trackbacks (2)

F1第7戦ヨーロッパGP 予選

ハイドフェルド、悲願の初ポール獲得! [F1-LIVE.com]

また好調マクラーレンのライコネンがポールを獲得するのかと思ったら、ハイドフェルドに一歩届きませんでした。ウィリアムズも最近良くなってきましたね。ただ、スタート時のクラッチトラブルを改善しない限りは置いていかれてしまうので、折角のポールをどれだけ生かせるか…。

琢磨は、フリー走行4で今週末初めてとも言えるアタックで7番手のタイムを出しました。古いエンジンで、重量違反もない状態で、やってくれましたね(笑)
予選は16番手、後ろはジョーダンとミナルディだけという、(アクシデントを除けば)考え得る最悪の結果となりました。ただ、予選出走順が1番手で、コースの掃除屋とも言える不利な立場だと最初から分かっていたので、多めに燃料を積んでいる可能性も否定出来ません。この作戦は、前が開いた時点でどれだけタイムを稼げるかが勝負ですが、、期待していてもいつもペースが上がらないままでガッカリするんですよね(^^; 今回はとにかくリタイアせずに、次に繋がる順位を確保出来ればというくらいに割り切って応援したほうが良いかもしれません。

今回から予選は1発勝負になりましたが、去年の1発勝負とは少し違うようです。それは出走順で、前回のレースの降順にアタックするんです。去年は“予選出走順を決めるための予選”があったので、明らかに力のあるチームがここまで不利を受けることはなかったんですよね。何故こんなシステムに…。エンジン交換を目的としてリタイアする輩への嫌がらせなんでしょうか。“スタート出来ないままリタイア”なんてことになったら次戦も棒に振ってしまうことになりかねません。そのうちまた予選方式に関して議論が沸き起こりそうです。

現在ポイントリーダーのアロンソは6番手と珍しく順位を落としています。これについて戦略の違いであると本人が弁明しているので、やや多めに燃料を積んでいるのでしょう。スタートが得意なルノーですから、上手くいけばウィリアムズを1台か2台かわせるかもしれません。

シューマッハは珍しくバリチェロより後ろからのスタートとなります。モナコでトラブルがあってから、バリチェロもシューマッハには負けたくないとの想いを強くしているでしょう。…うーん、でもレースになるとシューマッハは速いんですよね(^^;

ジャックは15番手スタートです。1コーナー、凄く嫌な予感がするのですけど…(笑) 内側から突っ込まれないよう気をつけてくださいな。二人揃ってリタイアしたら、今回のみならず次戦の楽しみまで薄れてしまいますから。

最近、ジョーダンに乗っているインド人初のF1ドライバー、ナレイン・カーティケヤンが気になって仕方ないです。バーレーンGPでは、予選のアウトラップでタイヤを温めようと頑張ったらアタックラップでタイヤがもたなくなって、アウトラップの方が速かったという…(笑) 今回はチームメイトに1秒離されて、ミナルディの2台に挟まれてのスタートになります。
| F1 | - | comments (2) | trackbacks (2)

日本ダービー金曜発売、単勝2番人気が約90倍

インパクト元返し 馬単1番人気6・4倍 [スポニチアネックス]

いくら金曜発売とはいえ、単勝2番人気のマイネルレコルトが89.9倍って(笑)
どれだけディープインパクトに集まってるんですか。
単勝のみで考えたら、逆にJRAが損する勢いじゃないですか(^^;

まあ、ディープインパクト、全く負ける気がしませんからね。
枠順、ペース、気性、疲労等、不安材料を抱えていないわけではないのに。
| ニュース | - | comments (2) | trackbacks (1)

F1第7戦ヨーロッパGP フリー走行

マクラーレンの好調続く、琢磨は15番手 [F1-LIVE.com]

いつものようにLive Timingを見ようと思ったら、登録制(無料)になっていました。今まで完全フリーで見られてたこと自体、凄いことだったんですよね、きっと。仕方がないので、登録するためにhotmailでメルアドを取得…しようと思ったら、今はcomではなく問答無用でco.jpドメインになってしまうんですね。まあ、捨てアドだし何でも良し、と。私はLive Timingの便利さを知っているから登録しましたが、わざわざ新規で登録する人は減りそうな気がします。

BAR復帰戦、久々にタイムが刻まれる、と思ったら、フリー走行1回目はインストレーションラップだけでノータイム。そりゃ1ヶ月も前のエンジンを使うわけですし、温存もしますよね。2回目は琢磨15番手、バトン16番手で、タイム的には良いと言えるほどではありませんでした。ただ、ロングランで比較的タイムが安定していて、アタックしたというよりは無理をさせずにセッティング合わせやタイヤ評価に専念したという印象を受けたので、明日の予選で化けることを期待しています。…どう足掻いても、次戦以降にならなければ“トップ争い”までは厳しいでしょうけど。

それぞれ第3ドライバーのブルツ(マクラーレン)とゾンタ(トヨタ)が、他車を1秒以上引き離しました。マクラーレンは引き続き好調なようですが、トヨタもここでは十分いけそうです。ルノーはBAR同様温存策に出ているので、本番では侮れません。フェラーリは……ミハエルがほとんど走ってないのが不気味です。軽く流しただけなのでしょうね…。バリチェロのタイムは悪くはありませんが、、この調子だと去年とは違った順位で、また琢磨と1コーナーを争うことになるかもしれません( ̄ー ̄)ニヤリッ

いつもと様子が違うジャックは、モナコでの失態をかなり反省しているようです。珍しいですね…。それだけ立場がやばくなってる証拠かもしれません。窮鼠猫を噛む、今回は何をしでかすか分かりませんよ!(←いつものことだけど(笑))
…ただ、間違ってもマッサだけは噛まないで(爆)
| F1 | - | comments (0) | trackbacks (0)

プロ野球チームをつくろう! 2

プロ野球チームをつくろう! 2
プロ野球チームをつくろう! 2

Amazonレビューでの評価はかなり悪いですが、中古ショップで500円で買った割には結構楽しめてます。
ロード時間は確かに長いですが、小説読みながらやってますので(ぉ
強くなりすぎて飽きたとき、むなしくなりそうな予感。。(笑)

とりあえず近鉄をベースに、本拠地仙台、赤系のユニフォームで開始しました。
(何がやりたいかは言うまでもないですね(爆))

1軍にいて試合に出られない選手は不満が溜まるというので、ピッチャーを10人ほどと野手8人のみを1軍に残して、残りは2軍で練習させました。

1年目……ダントツの最下位。勝率2割くらい。
2年目……西武の追撃を振り切ってなんとか優勝、日本一。勝率6割台。
3年目……ダントツの優勝、日本一。前年もそうだったけど、なぜか他チームに比べて投高打低。
そして4年目に気付きました。




………DH使ってねえ_| ̄|○
| ゲーム | - | comments (3) | trackbacks (0)

Lia「Colors of Life」発売

Colors of Life
Colors of Life

崎元仁氏(FF12メインコンポーザー等で有名?)プロデュースによる、Liaさんの初のメジャーアルバムが発売されました。

約1ヶ月間の期間限定で特設ページが公開され、全曲試聴出来るようになっています。

Lia New Album「Colors of Life」発売記念 期間限定特設ページ

曲は盛り上がりに欠ける印象を受けますが、歌声は素晴らしいです。…崎元氏って、そんなに凄い方なのでしょうか。Liaさん自身が作曲された曲のほうが、ずっと心に響くのですが…。

Amazonで注文したので、明日あたり届くと思います。聴きこめば気に入る曲も出てくるかも。
| 音楽 | - | comments (0) | trackbacks (0)

運動誘発性喘息

風邪で体が弱ったところで喘息を併発してしましました。風邪はすぐ治るけど喘息は一度なったら数週間から数ヶ月は苦しむんですよね; 朝夕に限らず、常に呼吸は安定しないし、かなり頻繁に咳き込むので、、困りました。。

無駄だと思いつつも、薬に頼らず楽にする方法は無いかと喘息について調べていたら、こんな言葉を見つけました。

運動誘発性喘息

言葉は知りませんでしたが、私は明らかにコレでした。…いや、おそらく今でもそうです。

中学のときバスケをやっていたのですが、毎回部活の前に5キロ、時間にして約20分走ってました。真面目にこれだけ走ったら、かなり息苦しくなりますよね。それだけ体が呼吸を欲してるというのに、その上喘息になったら窒息寸前です。何度も死ぬかと思いました。
でも周りは分かってくれないんですよね;
今となってはどうでもいいですが、色々と苦労しました。


…というか、いま血痰が出たので諦めて病院行ってきます。さすがに洒落にならないって;
| 雑記 | - | comments (0) | trackbacks (0)

F1第6戦モナコGP 決勝

ライコネン初の2連勝! ウィリアムズがダブル表彰台 [F1-LIVE.com]

raikkonen-monaco-wri_220505_220x152.jpgスタートでアロンソを抑えきったライコネンが完勝しました。これで2連勝、年間ランキングでもルノーを追い上げています。

ルノーの2台はタイヤの磨耗が激しく、後半は明らかにペースダウンして、後続を抑えるのに精一杯でした。抜群のバランスを誇っていたマシンも、何かが崩れ始めたようです。

それにしてもモナコのレースはつまらないですね。何かアクシデントでも起こらない限り単調すぎて。琢磨がいてくれたら何をしでかすか分からないから、もっと楽しめたと思うのですが。
そんな中、トゥルーリがやってくれました。頭文字Dのごとくヘアピンショートカットでオーバーテイク(笑) 結果的にはマシンへのダメージを危惧してピットインしたので、ポイント獲得には至りませんでしたが、一番の見せ場を作ってくれたと思います。

アルバースのスピンに巻き込まれた(正確にはクルサードに突っ込んだ)シューマッハは、ピット後セーフティーカーの後ろに入ってしまい周回遅れに。今期のシューマッハには決定的に“運”が足りないです。最後の最後まで前を狙って2ポイントを獲得したのはもはや意地でしょう。ピットのタイミングもありますが、最後にはライコネンからたった37秒差だったんですから。

今回最も注目していた(笑)ミナルディは2台ともリタイアしてしましました…。せっかく自力でジョーダンに勝つチャンスだったのに!

ジャック………やってはいけないことを………。マッサはどのみち限界だったようで、それほど怒ってはいないようですが。。いつジャック解雇の記事が出るかと不安で仕方ないですよ。果たしてニュルブルクリンクで彼の姿を見ることが出来るでしょうか。

次戦ヨーロッパGPは今週末です。
懐かしいですね、、琢磨が去年、予選2位で、抜きにくいと言われるそのコースの1コーナーで激しい突っ込み&オーバーテイクを繰り返して、表彰台を目前にしてバリチェロに接触して、そしてお決まりのエンジンブローで終わったレースです(笑) 予選はおそらく一発勝負に戻るし、琢磨がどんな走りを見せて…いや、“魅せて”くれるか楽しみです。
ただ、BARはエンジンを3戦前から引き継がなければならない可能性があるので、その場合はさすがに厳しいでしょうね。
| F1 | - | comments (0) | trackbacks (2)

F1第6戦モナコGP 予選

ライコネンがモナコで初ポール! 2番手にはアロンソ [F1-LIVE.com]

raikkonen-monaco_210505_220x158.jpg予選1回目のライコネンのタイム、1人だけ飛び抜けています。アロンソのタイムだって悪くはないのに、コンマ5秒のアドバンテージ。ここモナコで、決勝での戦略を見据えて予選2回目での走りを調節出来るのですから、ライバルチームに対してかなり優位に立ってます。マクラーレンは十分勝てる力のあるチームだけど、もし2戦連続で優勝出来るほどの安定性が加われば、、ルノーの尻に火が付いたと言わざるを得ません。ちょうどいいですね、このグリッド、アロンソの後ろに火が付けばフィジケラは燃え尽きますよ(違

シューマッハは8番手。予選2回目のタイムがかなり悪いです。これは1発のタイムが出ないというより、また燃料積みまくりで、他車がピットインしたころにプッシュの連続で追い上げるつもりなのでしょう。どんなにマシンの調子が悪くても奴だけは侮れません。

その斜め後ろにジャックが付けています。スタートで何かしでかしてくれることを期待しています。去年の琢磨のように(笑)

今回、後方でも面白い現象が起きています。なんと、予選でミナルディがジョーダンに完勝(笑) エディの元を離れ、ついにここまで堕ちましたか。エディといえば、エディ・アーバイン(バリチェロの前にフェラーリに乗ってたりした元F1ドライバー)がジョーダン買収を画策しているとの噂も流れています。このタイミングで…。

ラルフは予選1回目でクラッシュして17番手スタートです。0.5秒ペナルティーを受けて、少しでも回復しようと攻めたのでしょうか。録画しなかった上に見忘れたので分かりませんが。

モントーヤはフリー走行にて多重クラッシュの原因を作ったとして、最後方スタートのペナルティーが課されました。。何もかもライコネンとは対照的です。体に合わないのはシートだけではなくマクラーレン自体なのでは…。暴れん坊がセカンドドライバーなどという窮屈な器に収まるわけないんですよ(笑)

バトンは今回、イギリスのF1番組の解説をするそうです。当たり前の話ですが、現役F1ドライバーの解説なんてそうそう聞けるものではなく、貴重ですよね(笑) スポンサーの関係で、当たり障りの無い話がメインになってしまう可能性もありますが。
琢磨にも是非フジテレビで解説……は無理でも、現場レポーターくらいやって欲しいです。それで解説が脇坂さんだったらかなり面白いのに。。ア○リの実の無い話なんて興味ないですよ。
| F1 | - | comments (0) | trackbacks (0)
1/3 >>