メンチ・哀愁の日記

〜なせばなる!

ドラクエ8出荷本数300万本突破

「ドラクエ8」はや300万本突破 PS2ソフトで初 [朝日新聞]

個人的には6や7のときに比べると断然期待が大きかったのですが、実際売り上げはどうなのでしょう。300万本というのはあくまで出荷数なので、実売本数とは異なります。いつもなら発売日にゆっくり店に行ったら売り切れということが多かったのですが、今回は余裕で入手出来ましたからね…。それは良いことなのですが、商品価値が下がらないよう、今後の伸びに期待してます。
7で見限った人が多いのではという不安がありましたが、リメイク版5ではそれなりの販売数を確保出来たことから、私と同じ世代は新しいドラクエが出るとやはり買ってしまうのではないかと(^^; 新作が出るまで間隔が長いドラクエに対して、小中学生がどれだけの興味を持っているかは謎です。

少々プレイした感想を。
あらゆる面で進化を遂げてます。でも、間違いなくドラクエの雰囲気を保っています。そして、初めてドラクエで鳥山明のキャラクターデザインが生かされているという印象を受けました。FFのような完全な3Dよりも、ダーククロニクル等で培われた、2Dが入り混じって表情まではっきり分かるレベル5の技術の方がぴったり合っていると思います。(表情が見えないからこそ想像の余地が大きかったという考え方も出来ますが。。) 街の質感も今までとは段違いです。ただ、、最初の街が視点変更を頻繁に必要とするので、少し3D酔いしました。フィールドやダンジョンに出れば凄く良いのですけど…。最初の街くらいもっと単純な構造にすれば入り込みやすいのに、その時点で面倒になって断念した人も多いのではないでしょうか(^^; 確かゼノギアスでも同じようなことを思いました。良いゲームなのですが、最初の村で方向感覚を失って3D酔い(笑)

全体的に広すぎで、移動に時間がかかりすぎです。街の構造に慣れると移動がかったるくなってくるので、今の1.5倍くらいの速さで走れたら快適な気がします。×ボタンとスティックの組み合わせてもっと速く走れるようになる装飾品とか出てこないかな(笑)
あと、初期段階でフィールドの地図が無いのは痛いです。探索してると、同じところを何度も行き来してるのではないかと不安になります。まあ後で手に入るらしいんですが、それまで我慢ですか…。

今まだ2つ目の街(村?)に入ったところです。既にプレイ時間4時間経過(笑) もしシナリオが良ければ、かなりの良作の予感がします。でも、やはり時間がなくなってきたのでしばらく封印。。
| ゲーム | - | comments (0) | trackbacks (0)

コードレスキーボード&マウス購入

CK-20M コードレス デスクトップエクスプレス
CK-20M コードレス デスクトップエクスプレス

千円くらいで買った三流メーカー製の安物キーボードは、使い込むうちにほとんどの文字が消えてしまって、初心者には絶対に扱えない状態に。最近は爪の跡なのかプラスチックが溶けたのか、細かい線状の窪みが多数出来て、ついに“K”のキーに穴が開きました(笑) まだ使えないということはありませんが、、高いものでもないし買えかえることにしました。

店に行って適当に買ってきても良かったのですが、一応ネットで評判の良いものを探してみました。最初はik-20BK スタンダードキーボードを買おうと思ったんです。シンプルで良いのですが…USB接続なんですよね。気分的にPS/2端子を余らせておきたくないんです。それで、他を探してみたらCK-20Mを発見……。コードレスマウス付きで4千円という破格な値段は、私の心を揺るがせるには十分でした。

早速Amazonで購入、受信部を繋いで、キーボードとマウスに電池を入れてみたところ、キーボードは認識されました。でも、何故かマウスは認識されず…。しばらく色々と試してみましたが、そもそも底面から光が出ていないことが発覚。

電池の向きが逆でした。_| ̄|○

キーボードは、普段ほとんど使わない右側が多少コンパクトになっているし、スムーズに打ちやすく、キーを叩く音も静かで良い感じです。欲を言えばもうちょっと角度を付けられたら最高なのですが、そのうち慣れることでしょう。

マウスはキーボードと違って“連続性”が重要なので、有線より劣るのではないかと心配していました。実際使ってみて特に問題はないようですが、微妙に違和感を覚えるのは多少なりともラグがあるのか慣れが足りないだけなのか、、スクロールボタンを回すときは静かで、良い製品だとは思いますが、そのうちマウスだけでも元の有線のものに戻すかもしれません。曲の打ち込みは長時間微妙な操作を繰り返しますから(^^;

コードレスにしたことによって実際何が便利になったかと聞かれると、電池を取り替える手間に勝るほどの利点はありませんが、、少なくとも見た目はすっきりしました。
う〜ん、、いつかマウスなくしそう(笑) 小さい子が喜んで持っていきそうなんですよね(^^; あと、くれぐれも落下には注意しなければ。
| 雑記 | - | comments (6) | trackbacks (0)

血液型性格判断について

血液型番組:「性格決めつけ」視聴者から抗議相次ぐ [毎日新聞]

血液型性格判断は嫌いです。冗談で言うくらいなら別に構いません。でも本気で信じ込んで、それを免罪符にして他人を蔑む人、たま〜にいるんですが、モラルが問われますよ。血液型による性格の差異が真実であるか否かは関係ないです。仮に真実であったとしても、全体的な傾向と個人の区別はしっかり付けてください。

ただ、子供にそこまで求めるのは酷ですので。たかがバラエティでは済みません。血液型差別の発生はまともな大人なら誰しも予想出来たはずです。テレビでそういった番組を見かける度に嫌な気分になります。細木○子の出演番組を見るのと同じくらい不愉快な気分。

血液型性格判断を信じる人は、詐欺や怪しい宗教にはまらないようご注意を。もし“信じる人”と“それ以外の人”で被害の割合を比較すれば、血液型性格判断のような曖昧なものとは違ってはっきりと結果が出るでしょうから。自分自身を守るために、メディアの情報とはいかなるものか考える力を身に付けることをオススメします。
| ニュース | - | comments (0) | trackbacks (1)

更新情報−MUSIC ROOMに1曲追加

他のサークルの同人企画に提供したオリジナル曲のインストゥルメンタル版を1曲公開しました。

覚醒冥路 -instrumental ver.-
(MP3-128kbps)

−−構成−−
† <tempo-72bpm>
† 0:00 前奏(5.5小節)

† 0:18 Aメロ(16小節)
† 1:12 Bメロ(5小節)
† 1:28 サビ(16小節)

† 2:22 間奏(12小節)

† 3:02 Bメロ(5小節)
† 3:18 サビ(24小節)

† 4:38 後奏(14小節)
−−−−−−

ボーカル集「Ru Sepia」(2003年)に収録されました。CD収録版では、歌入りで音源を差し替えて頂いてます。

ゆったりとしたバラードにチャレンジしてみました。最初から歌い手さんの声質や音域まで考慮して、イメージ通りに制作を進めることが出来たので、CD版の仕上がりには満足してます。

ボーカル版のサンプルはこちら。(MP3)
ルセピアの全10曲クロスフェードデモで、9曲目が「覚醒冥路」です。
| INFOMATION | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0)

ドラクエ8購入

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

結局買ってしまいました_| ̄|○
今週末ちょっと余裕あったからってこれだからなあ…。先が思いやられます(笑)

予約してなかったけどコンビニならあるかなと思って、7時に近所のファミリーマートに行こうと徹夜で粘ってたら6時にダウン(爆)
10時にちょっと遠いTSUTAYAに行ったら、大量に置いてありました。ついでに予約特典のDVDも付けてもらいました。

帰りに菓子でも買おうとファミリーマートに寄ったら、、普通にDQ8が置いてありました…。(先に見ろYO!

主人公名、いつもこれで1時間くらい悩むのですが(笑)、一応のデフォルトっぽい「エイト」では味気ないので、今回は前もって考えておきました。

その名は「スノハラ

…それと便座カバー。
| ゲーム | - | comments (0) | trackbacks (1)

楽天−PSPチャリティーオークション最低落札価格50,000円

PSPチャリティオークション,入札は5068件 [SOFTBANK GAMES]
落札結果 [楽天]

こういう試みは面白いですね。普段何か力になりたいという気持ちがあっても、わざわざ寄付することは躊躇してた人もいるでしょう。しかしこれは単なる寄付ではなく、12月12日発売の携帯ゲーム機プレイステーション・ポータブル(ソニー・コンピュータエンタテインメント)のフライング入手の権利が得られるのです。
…早く入手出来てもソフトはないわけですが(^^;

本来の価格26,040円を除いて寄付ということは楽天はしっかり儲けてますし、楽天にとってもソニーにとっても良い話題作りとなります。寄付金もパッと見2千万円は越えてるような気がしますし、被災地の助けとなることも事実でしょう。上手いですね。
| ゲーム | - | comments (2) | trackbacks (0)

イルカの群れ、泳ぐ4人をサメから守る NZ

イルカの群れ、泳ぐ4人をサメから守る NZ [CNN]

こんなこともあるんですね・゚・(ノД`)・゚・
| ニュース | - | comments (0) | trackbacks (0)

飲ま飲まイェイ! O-ZONE 「Dragostea Din Tei」

Dragostea Din Tei
Dragostea Din Tei

とあるフラッシュを見て、頭から離れなくなって購入。
著作権的にどうなってるのか分からないので、フラッシュのページに直接リンクはしませんが、下の検索結果あたりから探してみてくださいな。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=Dragostea+Din+Tei+Flash

英語やフランス語でもなければ、もちろんアラビア系でも東アジア系でもなく、あまりに聞き慣れない発音であるために、「ダルシムあずかりDay」などとフラッシュの空耳アワーな日本語をすんなり受け入れてしまいます。ってか、預かりたくないよ、そんなの(爆)
O-ZONEはモルドバのグループで、ルーマニア語で歌っているそうです。歌詞を見ればきちんと読めるのですけど、既に変な日本語がインプットされていて、失恋ソングが台無しです(笑)

イタリア、ドイツ、フランス、スペインなどで売り上げNo.1を獲得するなど超有名なヒット曲なのだそうです。そういえば前にもテレビで聴いたことがありますよ。サビだけだったし、ここまで変なイメージはなかったのですが。

♪マイヤヒー
♪マイヤフー
♪マイヤホー
♪マイヤハッハー
| 音楽 | - | comments (0) | trackbacks (1)

乙一原作ドラマCD「きみにしか聞こえない CALLING YOU」

スニーカーCDコレクション きみにしか聞こえない CALLING YOU
スニーカーCDコレクション きみにしか聞こえない CALLING YOU

カテゴリーどうしよう。。“ドラマ”CDだからドラマでいっか(笑)

こういうドラマCDはどこに行けば手に入るのでしょうか。色々と探し回っては見たものの見つからなくて、仕方なくAmazonで購入しました。(アソシエイト使ってるくせに仕方なくとは何事だ!(笑))
以前購入したピューと吹く!ジャガー ドラマCDなんて、CD店を散々探し回っても見つからず、Amazonで注文したあと書店で積まれてるのを発見しましたからね(^^;
マイナーなものほど通販のありがたみを感じます。店で注文すると時間も手間もかかる上に、取りにいかなければいけないという義務感がなんとも嫌です。

それは置いといて感想。
批判の文章だったらスラスラ書けるのに、肯定もしくは褒め称える文章を書くというのはなんと難しいことでしょうか。

このドラマCDは素晴らしい完成度です。原作のイメージを損なうことなく、乙一氏によって改良が加えられています。私の場合は原作を読んでから聴いたわけですが、先にこのドラマCDを聴いても全然大丈夫だと思います。

この感動を表現する言葉が見つかりません。
語彙が少なくてすいません。ほんとにすいません。
あと、私にこんな能力があれば競馬で儲けるのにとか邪なことを考えてしまってすいますいません!(まったくだ)

羽住都さんの描かれる表紙は暖かい色合いで相変わらず素敵でした。元々の短編集には絵があるのですが、新しくハードカバーで収録された失はれる物語にはありません。ライトノベルのイメージを払拭して、一般の本として名作を受け入れてもらいたいという意図があるようですが、羽住さんの絵も作品を盛り立てる重要な要素なんですよね。

後から調べたら、男の子役は「千と千尋の神隠し」でハク役を演じられた方でした。一部ささやき声となって聴きづらいですが、それが良い場面なのでヘッドホンでもして音量を大きくして聴いて欲しいです。
「切なさの達人」乙一、ここにあり。

お気に入り度 ★★★★★★★★★★(10点)
| ドラマ | | comments (49) | trackbacks (0)

「ライオンハート」恩田陸(著)

ライオンハート
ライオンハート

友人に何度か勧められて名前を覚えてしまった小説家、恩田陸さん。
ちょうど電車で読む本がなくなってしまったので、その著書を買ってみました。

時代を越えて何度も出会う、でもそれはいつも一瞬の出来事で、別離の瞬間からまた次の出会いに思いを馳せる、、といった短編集合的なストーリーです。そういう運命であると定められてしまっているので、ラブストーリーと言うにははとにかく淡白です。かと言ってからくりを解き明かすわけでもなく、ミステリーというジャンルにもあてはまりません。全体的に冗長で淡々としている印象を受けました。そう感じる時点で、私には合っていないのかもしれません。

でも、この作品だけで著者を判断するのは尚早でしょうね。実際、力量が伺われる興味深い話もありました。

「イヴァンチッツェの思い出」
「記憶」

この2つの話は結構好きなんです。
共通して言えることは、結末が意外だったということ。

わざわざストーリーに意外性を求めるというのは、私が乙一風味に毒されてしまっている証拠かもしれません(^^;
今度はその友人に乙一さんの小説を勧めてみようと思います。

お気に入り度 ★★★★★★☆☆☆☆(6点)
| | - | comments (0) | trackbacks (0)
1/3 >>