メンチ・哀愁の日記

〜なせばなる!

DS版「逆転裁判」シリーズが各2100円で再発売

GBAで発売され人気を博し、DSに移植された名作「逆転裁判」シリーズ4作品が、安くなって再発売されます。発売日は1と2が明日4月17日(木)、3と4が来週の4月24日(木)。
DS版3はまだ買ってなかったので、ちょうど良かったです。

DSを持っているのに逆転裁判をプレイしたことがない方。
この機会に1(蘇る逆転)だけでも触れてみてはいかがでしょうか。

公式サイトに体験版もあります。

逆転裁判 蘇る逆転 NEW Best Price!2000
逆転裁判 蘇る逆転 NEW Best Price!2000
カプコン
逆転裁判2 NEW Best Price!2000
逆転裁判2 NEW Best Price!2000
カプコン
逆転裁判3 NEW Best Price!2000
逆転裁判3 NEW Best Price!2000
カプコン
逆転裁判4 NEW Best Price!2000
逆転裁判4 NEW Best Price!2000
カプコン
| ゲーム | - | - | trackbacks (0)

日帰りバスツアー当選商法

地元のホームセンターから、親宛てに日帰りバスツアーの当選通知(パンフレット)が届きました。本人のみ無料で、同伴者は約1万円。

この時点で既におかしいです。懸賞における旅行招待券は通常ペアですから。結局のところ1人5千円を払って参加しろ、と言っているようなものです。最初から1人5千円の設定だったら申し込まないけど、1人が無料でもう1人が1万円だったら、「せっかく当たったし、1万円の価値がある」と勘違いして申し込んでしまう人も多いでしょう。

そして、パンフに載っているのは、聞いたこともない旅行会社。JTBやKNTであればまだ信用できますが。

あまりに胡散臭いので、旅行行程を見てみたところ、「ファッション館」とやらに90分も時間をとってありました。これは黒だなと確信して、ネットで旅行会社を検索してみたら、案の定(笑)


当選するのは30代以上の女性。1人で旅行に参加することはまずないので、夫や友達も金を払って参加してきます。この時点で、バスツアー自体の赤字は回避できます。

目的地に到着すると、まず、提携の工場などに連れていかれ、毛皮やレザー製品、宝石などの商品説明会に強制参加させられます。気分が盛り上がってきたところで、販売会開始。その間、添乗員がバスの運転手に客を乗せないよう指示。

催眠商法とまではいかないけれど、手法は似ています。しかも鴨は金を払ってまで参加してくるという二重の罠。家に帰ろうにも、旅行先なものだから気軽に離れられない。…考えるものですね。

土産物屋との提携くらい、大手ツアー会社でもやってますが、説明会をしたり、わざわざバスに戻れなくしたり、明らかに「どうせ土産を買うならここで」というレベルではありません。

その90分だけ目を瞑って、1人で無料参加すれば、タダ飯も食べられて得かもしれません。ただ、自分は絶対買わないから大丈夫!と思って参加しても……人の心は案外脆いものです。相手は人間の意志を揺るがせるプロですから。


ヤマダ電機や大手ホームセンター等、大企業が主催した懸賞での当選だと、名前も知らない旅行会社であっても多くの人が安心して申し込んでしまうんでしょうね。提携先の問題とはいえ、自社の顧客を罠にかける姿勢はどうかと思います。金のかからないキャンペーンはオイシイところでしょうけど、こういったことを繰り返せば、いずれは企業イメージを落とすことにもつながるでしょう。


似たような懸賞当選通知が来たとしても、安易に申し込まないようにご注意ください。
| 雑記 | - | - | trackbacks (0)
1/1