メンチ・哀愁の日記

〜なせばなる!

2008年F1第3戦バーレーンGP 予選

クビサが自身初、チーム初のポール獲得! [F1-LIVE.com]

SMナチプレイ動画流出の件で、モズレー会長は今回のバーレーンGPへの参加を拒否されたわけですが、そこでポーランド人のクビサが初ポールを獲得するとは、なんと皮肉なことでしょうか(笑)

そしてこのポールは、BMWにとっても記念すべき初のポールとなりました。ザウバー時代を含めても初めてのことです。燃料は軽いと思われますが、ここで圧倒的な速さを見せていたフェラーリの前に出るとは、クビサはさすがです。レース序盤を面白くしてくれそうです。

この状況で優勝に最も近いのは2番手スタートのマッサ。しかし、焦ってクビサに仕掛けてスピンし、後方にずるずる下がる様子が目に見えるようです。冷静に走りきれば、最後にはトップに立っているはずなのですが…。

3番手はハミルトン。フェラーリほどの燃料搭載量はないはずですが、奇数列ということで、スタートでマッサをかわすと面白いことになります。プレッシャーをかけ、自滅させる…それが今年のF1です。

そして4番手にライコネン。バーレーンとは、よほど相性が悪いのでしょう。表彰台でシャンパンが飲めないから、やる気がでないんじゃ…(笑) 冗談はさておき、普通に考えると、マッサとの1-2狙いでしょう。ハミルトンとの直接対決が楽しみです。

5番手はコバライネン。今季はこれまでハミルトンに勝るとも劣らない活躍を見せています。ハミルトンを優勝争いから引き摺り下ろすのはコバライネンの役目です(笑)


アロンソは10番手スタート。今季はアロンソの必死な走りが楽しみで仕方ありません。Q3を捨て、燃料を多めに積んで勝負に出たと思われます。前のバトンがちょっと邪魔ですが、スタートで前に出られれば…。


中嶋一貴は、なんとかQ1を突破したものの、Q2最下位の16番手。チームメイトのロズベルグが8番手で、コンマ7秒以上の差を付けられたことを考えると、決して評価できる位置ではありません。棚ボタはあるかもしれないけど、自らポイント争いに食い込んでいけるポジションではないんですよね…。このままではシート喪失も近いです。予選は今後の大きな課題となりそうです。


琢磨はQ1の2回目のアタックにおいて、最終コーナーで縁石に接触しスピン。ウォールにリアをヒットし、マシンにダメージを負ってしまいました。マシン的には軽微な損傷も、チームにとっては致命傷になりかねない状況なので、冷や冷やしました。ただ、どの道最後尾スタートは変わらなかったでしょうから(笑) 1周目どの順位で戻ってくるのか、楽しみにしています。

デビッドソンはこの週末琢磨より速さを見せていました。他チームと戦えるレベルではありませんが…。完走率を上げることが、何よりもデビッドソンの評価に繋がります。


決勝は日本時間20時30分からです。
| F1 | - | - | trackbacks (0)
1/1