メンチ・哀愁の日記

〜なせばなる!

漫画版「オナニーマスター黒沢」完結

マンガ版「オナニーマスター黒沢」閲覧上の注意 [第四十工房落書き置き場]

「本編目次へ」から読むことが出来ます。

その画像、実に700枚以上。ラフとはいえ、半年で単行本3巻分もの量になりました。

また、完結と同時に小説版(原作)に新たな番外編が追加されました。

小説版はこちら。


以前にも書きましたが、中盤以降のとある出来事から、物語の質が一変します。無茶だし、都合良すぎると感じる部分もあるけれど、その面白さは本物です。そこにオリジナルの展開が加えられ、見事に漫画化されました。

商業誌でも、これほどの名作はなかなか無いでしょう。タイトルに「オナニー」が付く作品で目頭を熱くさせられるなど、誰が想像できるでしょうか(笑)

商業作品じゃないから、今回はお気に入り度は付けないけど、もし付けるとしたら8は確実に付けていたはず。半年間たっぷり楽しませていただきました。


漫画を描かれたYOKOさんは、今回のオナマス完結を持ってウェブでの活動を終了されるそうです。

オナマスが気に入って、もっとYOKOさんの漫画が読みたいという方には、漫画版「痴漢男」もお勧めです。1年後にはサイト自体も閉鎖するようなので、早めに読んでおいたほうが良いと思います。


もうYOKOさんの新作が読めないのかというと、そうでもなく。次は商業誌デビューを狙っているそうです。いつになるかは分からないけど…応援しています。
| | - | - | trackbacks (0)
1/1