メンチ・哀愁の日記

〜なせばなる!

2007年F1第5戦モナコGP 木曜フリー走行

アロンソがトップ! 2番手にライコネン [F1-LIVE.com]

来季、パシフィックGPの名称で鈴鹿にF1が戻ってくることがほぼ確定的であるかのように報道されています。“日本GP”が富士なこと以外は嬉しいです(笑)


モナコは金曜日にパーティーが開催されるので、1日早くF1が開幕しました。

初日、デビッドソン、ハミルトン、スーティル、ラルフの4人がウォールの餌食となりました。…1人だけ、新人じゃないドライバーが混じってます(笑) その人の代わりに、来季移籍してくるんじゃないかと噂を立てられているのが琢磨。まずあり得ないことだと思いますが。中島一貴を乗せてくださいよ。いくら金をかけたところでレースじゃ勝てないんだから、イメージ戦略で勝負しないと。


デビッドソンはオーバーステアでスピンし、左リアエンドをヒット。大きな破損には見えませんが、、せっかくの休息日前に、スタッフに余計な手間を…(笑)

琢磨の方は順調にテストをこなせたようです。全ドライバー中、周回数トップの47周。毎度のことですがロングランに徹していたので、トップから1秒5のタイム差は上々の出来です。今回もQ2進出は十分可能です。モナコならではの棚ボタを狙える、面白い位置に付けられることでしょう。

予選は土曜日の日本時間夜9時から。
| F1 | - | - | trackbacks (0)

セガサターン「リアルサウンド 風のリグレット」感想

リアルサウンド風のリグレット
ワープ

↑ユーズドが2円で売ってます(笑)
パソコンでもスペックによってはプレイ可、サターン本体は不要(後述)


約10年前に、既に2〜300円で叩き売りされてた中古品を買ってプレイしたことがあるのですが、サターン本体が壊れてしまってやり直すことが出来ず…。苦肉の策で、エミュレータを使って再プレイしてみました。


このゲーム、最初から最後まで画面が真っ黒です。音さえ再生できれば、テレビがなくてもプレイできます(笑) ドラマCDやラジオドラマのような音声ドラマで、ちょっとだけ選択肢が選べるといった感じ。それを納得した上でプレイしたならば、ストーリー次第で楽しむことも出来ると思います。

主人公・野々村博司は小学生の頃、とある女の子と駆け落ちの約束をしますが、その約束は果たされませんでした。大学生になった博司は、そのときの初恋の女の子・桜井泉水と再開し、付き合い始めますが、あるとき彼女が突然失踪してしまいます。博司は、なりゆきで、高村菜々という女性とともに故郷へ戻り、泉水を探す旅をします。そして、過去の記憶が少しずつ蘇り…。

こういった展開でストーリーは始まります。そのストーリーを飾る音が素晴らしいです。雨の音、海の音、風の音、時計台の音、、音を聴いているだけで情景が浮かんでくるんです。ストーリーは忘れても、その情景だけはずっと頭に残ってました(笑)
いや、ストーリーも純粋かつ爽やかで、私は好きですが。今回のプレイで再確認。

キャスティングは菅野美穂、柏原崇、篠原涼子と、今考えてもかなり豪華です。
(本人のイメージが頭に浮かんでしまうのはちょっと難点(笑))


意欲作ではあるのですが、ゲームとして一般に受け入れられるものではありませんでした。インターフェイス面に多くの問題を抱えていて、プレイヤーに快適にプレイしてもらおうという努力が微塵も感じられませんでした(笑)
まず、一時停止ができない上に、巻き戻しが出来ません。聞き逃したら、基本的に聞き返せません。プレイ中に電話でもきたら困ることになります。
セーブはオートセーブのみ。ところどころにオートセーブポイントがあるので、一度電源を切ればある程度戻ることが出来ますが、大抵は前回の選択肢付近まで戻ってしまうので、運が悪いと10分以上聴きなおす羽目になります。そして、前回の選択肢で違う選択をしてみたいと思っても、後の祭り。最初からやり直すしかありません。(DC版ではビジュアルメモリすり替え術で強引に選択肢前に戻ることも出来る模様) 約4時間半かけてプレイしてバッドエンドになった場合も、最初から聴きなおす羽目になります。で、サウンドノベルのような既読スキップ機能が無い(笑)


サターン版の、PC(エミュレータ)でのプレイ方法と、ハッピーエンドルート攻略法を以下に載せておきました。

リアルサウンド 風のリグレット 攻略

ま、中古でドリームキャスト本体とソフトを買っても、2千円くらいで済みますけどね(笑)


お気に入り度 ★★★★★★★☆☆☆(7点)

ゲーム内容を知っていて、数百円程度で入手した上でのお気に入り度です。“ゲーム性”を求めて、定価の7千円弱を出して買ったとしたら、罵倒したくなる気持ちも理解できます(笑) ドラマCD4本分と思えば、定価でもそう高くは無いんですけどね。




ちなみに監督の飯野賢治氏は嫌い。(好きな人いないと思うけど)
| ゲーム | - | - | trackbacks (1)

映画「博士の愛した数式」感想

博士の愛した数式
博士の愛した数式

交通事故の後遺症で80分しか記憶が持たない数学者の家に、家政婦としてやってきた主人公と、その子供の触れ合いを描いたヒューマンドラマです。こういった記憶障害をテーマにした作品といえば「メメント」を思い出します。(ミステリーなので、本作とはまるで違いますが)


この映画は、映像美が素晴らしいです。窓から射し込む光、自然の美しさ、暖かみのある色調。映像から優しさが溢れています。

そして人間の純粋さ…。

子供想いの優しい博士。
天使のような家政婦。
思いやりのある健気で利発な子。

……実際にはいないよ、こんな人間(笑) 反復が精神へ及ぼす影響は計り知れないものがあります。優しさだけで対処できるほど簡単なことではありません。


博士の言葉は一語一語が素敵な響きを持っています。冷たいイメージを持たれがちな数学が、命を吹き込まれたかのように躍動します。展開は非常に遅いのですが、全く退屈になりませんでした。(私個人の話なので、退屈に思う人も多いかと)


劇的なドラマや、大きな感動があるわけではないのですが、この映画を見てほんのり温まった心は嘘ではありません。パッチギの口直しになりました。


一部、昼ドラみたいな要素もありますが…。蛇足かな。

お気に入り度 ★★★★★★★☆☆☆(7点)
| 映画 | - | - | trackbacks (3)
1/1