メンチ・哀愁の日記

〜なせばなる!

PS2「Ever17 〜the out of infinity〜」感想(ネタバレ無し)

海猿を見てて、感想を書きかけだったこのゲームを思い出しました。
一部において、かなり近い演出があるので。以下、感想です。


ポータルサイトのQ&Aコーナーで、「ストーリーが面白いゲームを教えて欲しい」「どんでん返しがあるゲームを教えて」といった話題が出ると、必ずと言っていいほど目にするタイトルがありました。

SuperLite2000恋愛アドベンチャー Ever17 ~the out of infinity~ Premium Edition
SuperLite2000恋愛アドベンチャー Ever17 〜the out of infinity〜 Premium Edition


これはPS2版ですが、他にもドリームキャストやパソコンで出ているようです。
あまりの好評価ぶりに、気になってプレイしてみました。

EVER17 ゲーム紹介 [KID]

海の中のテーマパークが舞台です。突発的な事故により、数人が海中の施設内に閉じ込められてしまいます。強度を保つための内部気圧が一気に下がり、圧潰の危機に瀕しながら、主人公達は救助を待ち続け、脱出を試みます。その間、主人公は、幾度も不思議な現象に遭遇します。

映画で言えば、バイオハザードの地下施設やポセイドン・アドベンチャーを連想しました。ラストに関しては、SAWのように爽やかに騙されるという(笑)驚きもありました。半分くらいは想像出来ていたのですが…。

無理な設定や矛盾もありますが、そこはSFアドベンチャーということで(笑)
ちなみに、恋愛アドベンチャーという表現は相応しくないです。作中の伏線や仕掛けなど、中心となるのが誰にでも楽しめる要素だというのに、恋愛という冠を付けて一般ゲーマーを遠ざけるのはどうかと思います。

ゲームの進め方ですが…。
主人公「武」で2つのグッドエンド、主人公「少年」で2つのグッドエンドを迎えると、数々の伏線が収束する最後のストーリーに進むことが出来るようになります。この最後のストーリーの後半に面白さの大半が詰まっていると言っても過言ではありません。つまり……そこに至るまでが大変です。冗長に感じてしまうこともあるでしょうけど、もしプレイすることがあれば、、なんとか耐え抜いてください(笑) 最後までプレイしないともったいない…。

難易度はそれほど高くありませんが、純粋にストーリーを楽しむためなら、攻略サイトのお世話になるのも良いと思います。時間を無駄にせず、小説を読む感覚で。

あと…いくら一般向けゲームだと主張したところで、この絵ではさすがにプレイしづらいのが難点です。こればっかりは、にんともかんとも…。

お気に入り度 ★★★★★★★★☆☆(8点)
(何より、安いからね…)
| ゲーム | - | - | trackbacks (0)

映画「LIMIT OF LOVE 海猿」感想

LIMIT OF LOVE 海猿 スタンダード・エディション
LIMIT OF LOVE 海猿 スタンダード・エディション

浸水し、沈みゆくフェリーからの脱出劇。

映画、TVドラマと続いてきて、今回の映画で最終章です。
安っぽく見える部分も多々あるけど、全体のスケールがあまりに大きいので、よくぞ邦画の予算でここまで撮ったと思うべきでしょう。

導入部を除き、ほぼ全編がパニックドラマ形式になっており、(悠長に話をする登場人物に違和感はあるけれど)基本的にラストまで緊張感が持続します。あまり深く考えずに楽しむことができる良質のエンターテインメント作品です。

むしろ、深く考えると逆に楽しめなくなりそうな…。

普段の主人公が調子に乗りすぎてて好感が持てない、とか、
怪我した妊婦は最優先で外に出してやれよ、とか、
一刻一秒を争う時に悠長に話をするな、とか、
何でそこに水が入ってきてるの?、とか、
船があれだけ傾いてるのに、中はずいぶん水平に近いな、とか、
一般人が司令室に簡単に入るなよ、とか、
いくらなんでもセリフがクサすぎる、とか。

この映画を見た多くの人が少なからず感じたことでしょう。

で、色々差し引いてこのお気に入り度。

お気に入り度 ★★★★★★★★☆☆(8点)


退屈、と思ってしまう時間がほとんどなかった映画は久々です。
| 映画 | - | - | trackbacks (0)
1/1