メンチ・哀愁の日記

〜なせばなる!

F1第13戦ハンガリーGP 予選

シューマッハ、今季初ポールで復活の狼煙! [F1-LIVE.com]

ハンガリーGPが開幕しました。ハンガロリンクはモナコに次ぐ低速サーキットで、抜きにくいことで有名です。ただ見てるだけでは、面白みに欠けるレースとなりそうです。琢磨が何かやらかさない限り。 出来ればLTでペースを確認しながら観戦したいところですが、フジテレビでは生放送はしないんですよね。残念。

予選では、ミハエル・シューマッハが全てのセクターでトップタイムをマークし、久々にポールポジションを獲得しました。なんと、今期初です。今回フェラーリはフリー走行から速さを見せていました。散々な言われ様だったブリヂストンが必死に改善してきたのかもしれません。耐久性を犠牲にしていなければ良いですが…。燃料はさすがに軽めでしょうから、マクラーレンに対抗するのは厳しいと思いますが、トヨタのトゥルーリとラルフが上位(3番手&5番手)にいることから、その後ろにいるルノーに対してかなりのアドバンテージになりそうです。

琢磨は10番手です。予選でセクター2だけやけに遅かったようですが、何かミスでもあったのでしょうか。また偶数グリッドからのスタートですが、後ろはチーム力が違うので心配する必要もないでしょう。トヨタのおかげで前から離されずについて行くことが出来るので、それほど悪い位置ではないと思います。ピットのタイミング次第で上位進出も狙えると思います。トラブルが無ければ。トラブルさえ起こさなければ。

ハンガロリンクは、琢磨には合わないコースのひとつだと思ってます。抜きどころが少ないということは、オーバーテイクを仕掛ければそれだけリスクを負いますし、常に前を狙っている琢磨にとっては正直厳しいレースになると思います。無難に走りきってポイントを獲得して欲しい気持ちもあるけど、一方でそういうコースだからこその華麗なオーバーテイクシーンを見たいという気持ちもあります。複雑です(^^;

BARは来期のドライバーとしてバリチェロと契約を結んだという噂が流れています。これが事実かは分かりませんが、バリチェロがBARのシートを狙っているのは事実です。
バトンは結局ウィリアムズに移籍することになると思います。去年あれだけの騒動を引き起こしたにも関わらず、BARに残りたいというのは、わがままにも程があります。今期のウィリアムズの低迷ぶりを見れば誰もがその心境を理解出来ると思いますが、自分で蒔いた種なんですから。せめて、ウィリアムズが低迷した場合のオプションも付けておくべきでしたね。
で、バトンの代わりにバリチェロが移籍してきたとして、、それでも琢磨の残留は厳しいでしょうね。。
いずれにしても、来週あたり色々と動きがありそうです。バトン次第で他のドライバーの運命が左右されるなんて…。


燃料搭載量予想は…シューマッハとトヨタの2台以外はみんな2ストップ狙いで積んできてるのではないでしょうか。…あ、でも、トゥルーリは怪しいかな(笑)
2ストップ作戦のチームの中でもルノーが重めな気がしますが、ルノーはそろそろ失速し始めてもおかしくない頃なので、どの程度かは想像しづらいです。

下位チームで気になるのは…ナレイン君がアルバースに前に行かれてることです(笑)
頑張れカーティケヤン、陽気な走りで観客を魅了してオクレ!


予選とは関係ありませんが、金曜日に、ミナルディの3rdドライバーとして、41歳のイスラエル人二ッサニーが走りました。午前のフリー走行だけ走ったのですが、なんと前のドライバーから6秒遅れで、タイムが有るドライバーの中ではダントツの最下位となりました。この歳で乗れるのだから、よほどマネーが動いたのでしょうね(^^;
| F1 | - | - | trackbacks (0)
1/1