メンチ・哀愁の日記

〜なせばなる!

F1第12戦ドイツGP 決勝

アロンソが逆転勝利! バトンは今季初表彰台! [F1-LIVE.com]

ライコネンは久々にトラブルなくレースに入れたというのに、本番でエンジントラブルが出てしまいました。これだったらレース前に壊れていた方がマシでした。何にしても、耐久性があってこその速さですから、アロンソに完敗したと言わざるを得ないでしょう。次戦の出走順は最初なので、予選出走順がどれだけタイムに影響するのかを計れそうです。

最下位スタートのモントーヤが、猛烈な追い上げで2位に入りました。予選でのミスが悔やまれます。もっとも、それでエンジン交換をしなかったら、ライコネンと同じ運命を辿っていたかもしれませんが。

バトンはきっちりシューマッハをオーバーテイクし、記録上今期初表彰台を獲得しました。フィジケラに勝てたのは、ある意味琢磨のおかげでもあるんですけどね。

12位の琢磨は、運が無いというより、リスクを負ってでも上位を狙ったための、当然の代償です。むしろ運が無かったのは琢磨に追突されたフィジケラでしょう。謝罪はしたようですが、、あれで順位を落としてしまわなければ、優勝争いも可能だったでしょうから。
結果を出せないどころか、トラブルメイカーと化してしまっている現状では、来期のレギュラードライバーのシート確保はかなり厳しいです。ホンダの後押しが有効になるだけの結果を、一度でも残さなければ。バトンのあの位置に立たなければ…。

もうこんなレースはうんざりです。…でも、一番そう思っているのは琢磨選手本人でしょうから。辛いでしょうけど、冷静さだけは欠かさないでください。次こそは! 応援しています。

ジャックは、笑うしかないほど不運に襲われました。ルーベンス、ドーンボス、モンテイロと、たて続けにヒットされ、ミナルディのアルバースにも先着されてしまう始末。モンテイロなんて、あからさまにジャックの位置に気付いてませんでしたからね。トラブル続きでポイント争いどころじゃなかったから、あまり目くじらを立てることもなかったのでしょうけど。ま、その不運に琢磨が関わってなくて良かったです(笑)

えー、、ナレイン君、君は毎度のことながらコースアウトしすぎです(笑)

次戦はハンガリーGP、今週末です。


ドイツGPには関係ありませんが…。
アメリカGPボイコットでミシュラン勢7チームにペナルティが決定していた件で、新証拠提出により、その有罪判決は取り下げられました。ここ数戦のフェラーリの体たらくぶりから考えたら、よほどのペナルティでも与えない限りチャンピオンに仕立て上げることは難しいですからねえ。(何であれFIAに嫌味を言ふ(笑))
| F1 | - | - | trackbacks (1)
1/1