メンチ・哀愁の日記

〜なせばなる!

F1第11戦イギリスGP フリー走行

デ・ラ・ロサがまたもトップ! トヨタのゾンタが2番手に [F1-LIVE.com]

毎回デラロサマシンの写真を貼るのも何なので今日はやめときます(笑)
ロンドンの爆破テロ発生で混乱が起きているイギリスですが、F1は警戒を強めるものの通常開催するようです。ボブ・マッケンジー氏の裸走行が行われるかは謎…。そんな不謹慎なバカ騒ぎをやる余裕があるかどうか。。個人的には、チャリティーイベントだしやって欲しいと思ってますが、中止になっても仕方ないでしょうね。

F1観戦のために世界中から何万人もイギリスに集まってきていたわけで、フリー走行もない木曜日はそんな人たちがロンドン観光でもしてた可能性がありますよね。なんともやるせない気分です。実はテロ発生時、ミハエルが朝食のためロンドンにいたらしいです。その後、ヘリに乗り込むときにテロ発生を知ったとか。…ってか、何普通にヘリ使ってるんだよこの金持ちがーーΣ( ̄□ ̄;)!!


……話を戻して……。


フリー走行では、サードドライバー勢のデラロサ(マクラーレン)とゾンタ(トヨタ)が1-2のタイムを出しました。トヨタはまだいいとしても、明らかに速さがあるマクラーレンが3台目を出せるのは何だかずるいような印象を受けてしまいます。これはマクラーレンに苦言を呈しているのではなく、ルール上の問題点ではありますが…。まあ、このままルールが継続されるなら、来年のBARホンダは期待出来るかもしれませんので、強くは言いません(ぉ
…でもFIAの嫌がらせでルールが変わる可能性も(^^;

というわけで、マクラーレンは今回も調子が良いようです。速さでは一番でしょう。対してルノー勢は、タイムを見る限りいまいちです。マシンがシルバーストンに合わないと言い訳していますが、ルノーはシーズン後半に開発能力が衰えると言われているだけに、一過性のものなのかどうかちょっと心配です。去年も終盤はボロボロでしたよね。特にジャックが加入したあたり。。まあ、フリー走行なんて速く走るだけが目的ではないし、予選ではちゃっかり上位を確保しそうな気もします。

フリー走行2では、なんと上位6台がマクラーレンとトヨタで占有されました。トヨタも確実に予選上位を確保してくるでしょう。実力でポールを獲得出来るであろうライコネンを除けば、各チームともまたトゥルーリ渋滞に巻き込まれることを恐れて、燃料を多めに積んで予選に望む可能性があります。…それを見越してトゥルーリもちょっと多めに積んできたり…。色々と予想出来ますよね。何にしても、トゥルーリはキーパーソンです。かわいそうに、嫌な役回りですな(^^;

琢磨はフリー2のロングラン中、35秒前後で通過するはずのセクター2のタイム表示が90秒台と出て、何をやらかしたのかと焦りました。エンジンからスモークが上がっているとの情報もあって、もしエンジン交換で10グリッド降格したら、今のBARの戦力を考えたら前回のライコネンのようには上手くいかないだろうなあとガッカリしていました。。でも、不幸中の幸い、実際は電気系統(ギアボックス?)のトラブルだったようで一安心。明日のフリー走行で挽回して、悪い流れをこの辺で断ち切って欲しいです。予選では、地元バトンが燃料軽めで何とかトゥルーリの前に出てフロントロー獲得&アピールを目指し、琢磨がトゥルーリ渋滞用にハードタイヤ&燃料を多く積んでくるのではないかと予想してます。
| F1 | - | - | trackbacks (0)
1/1