メンチ・哀愁の日記

〜なせばなる!

「死にぞこないの青」乙一(著)

「死にぞこないの青」乙一(著)

相変わらず読みやすい文章でさらっと読めてしまう…のですが、内容はそう軽くはありません。
こんな的確な心情を表現出来る作家が他にいるでしょうか。
あまりに辛すぎて、何故延々と読み続けているのだろうと疑問に感じてしまうこともありました。

こういった“出来ない人間”の描写の巧さが乙一氏の魅力であるのも事実。
それが「暗いところで待ち合わせ」のような、根底に温度を感じる作品に生かされていれば、大好きなのですが…。

最後の、ある人の姿勢や言葉にはほっとさせられました。

作品としての出来はどうあれ、少なくとも私の好きな乙一作品ではありませんでした。
いつも胸を打つのは感動や驚きですから。

お気に入り度 ★★★★★☆☆☆☆☆(5点)
| | - | - | trackbacks (1)
1/1