メンチ・哀愁の日記

〜なせばなる!

<< PCゲーム「Fate/stay night」感想 | main | 印刷ミス >>

TVアニメ「精霊の守り人」感想

精霊の守り人 第1巻 (初回限定版)
精霊の守り人 第1巻 (初回限定版)

精霊の守り人 [BANDAI CHANNEL]
プロモーション映像が無料で視聴できます。また、本編も1話100円程度で視聴可能。


「精霊の守り人」は、攻殻機動隊SACシリーズの神山健治監督によるアジア風ファンタジー作品です。4月から9月までNHK BS-2で放送されていました。


ファンタジーでありながら、何でもありのご都合主義さはあまり感じません。原作ではそういう面もちょっとあったのですが、神山監督がうまく昇華してくれました。ファンタジー要素はあくまで行動の動機付けに過ぎなくて、人間ドラマの面白さが主体になっているため、そこにリアルさが生まれているのでしょう。


中だるみしそうな展開も、ハイクオリティな映像美が目を惹きつけて離さないため、飽きを感じることはありませんでした。青い空、流れる雲、透明な水、広がる水田、山の緑、雪の白さ、、眺めているだけでも癒されます。また、そういった自然だけにとどまらず、人間そのものの描かれ方や、生活観、様々な“飯”に至るまで、ディテールがこだわり抜かれています。見事。


そこにキャラクターの魅力が加わり、鬼に金棒状態。
主人公は三十路女の用心棒バルサ。芯が揺るがない、完成された大人のかっこよさがあります。そして何よりも、強い。肉体面でも、精神面でも。

それでいて、完璧超人ではありません。戦いにおいて無敵であるわけもなく、深手を負うこともあります。人間的な弱さを見せることもあります。創作物なんだから無敵のヒーローを主人公に据えることもできるでしょうけど、それは単に最強というだけであって、そこに真の強さを見い出すことは困難でしょう。精霊の守り人においては、そのあたりのさじ加減が絶妙なんです。

他にも、チャグム、タンダ、トロガイ師(笑)、シュガ、、数多くのキャラクターが、それぞれ魅力的な個性を備えています。


声優陣は主演の安藤麻吹さんを始め、気合の入った熱演で、非常に素晴らしいです。ただ、唯一、チャグムの演技が残念です(苦笑) 元々が俗世から浮いている存在なので、わざと違和感を作り出した……と考えるのはあまりに都合が良すぎますか。


音楽は(現在、ガンダムOOに参加中の)川井憲次氏が担当しています。日本テイストたっぷりの、迫力あるサウンドは、本作にふさわしい“最高級品”。サントラの聴き応えはかなりのものです。

OPはL'Arc〜en〜Ciel「SHINE」。
評判はあまりよくなかったようですが、私は元々ラルクの曲が好きなので、気に入ってました。曲に合わせて何人かが同時に振り向く映像は何度見ても笑ってしまいますが。

EDはタイナカサチ「愛しい人へ」。
各話ラストを締めくくるのがこの名曲で本当に良かった…。耳コピデータをHPのMUSIC>JASRAC管理曲で公開しています。


原作ではこの後、闇の守り人へと続きます。是非ともアニメで続編が見たいところですが、商業的に結果を残せなければ、次は無いでしょう。DVDは各巻2千枚弱しか売れてないそうで。そのうち地上波で放映されて人気が出るとよいのですが…。

かくいう私もDVDは買っていません。この映像美を堪能するには、DVDではもったいないです。いつかBDで見たいので、時が来るまで待っているつもりですが…。皆が同じ考えだと続編の望みが('A`)

こんなに素晴らしい作品なのに、もったいないなあ…。地味だけど大好きです。こういう、大人が楽しめる、世界に誇れる作品が増えてほしいと、切に願います。

お気に入り度 ★★★★★★★★★☆(9点)
| アニメ | - | - | trackbacks (0)

Trackbacks