メンチ・哀愁の日記

〜なせばなる!

<< 免許証更新 | main | アネハ証人喚問中に >>

映画「暗いところで待ち合わせ」製作発表

田中麗奈:新作映画製作会見 「待ち合わせは素顔で」 [MSN毎日]

製作発表会見があり、主演俳優以外も明らかになりました。

ミチル役に田中麗奈…ミチルは物静かなイメージがあるので、意外でした。
田中麗奈はむしろカズエ役の方が合ってるんじゃないかと(ry
まあ、演技のプロなんですし、実際見れば違和感はないかもしれません。

ちなみに、友人役は宮地真緒と井川遥だそうです。おそらく、カズエ=宮地真緒、ハルミ=井川遥でしょう。

問題はアキヒロ役なんですが、なんと日本人ではありません。しばらく前から噂されていた妙な韓流スターではなくてほっとしましたが、チェン・ボーリンはアキヒロにしてはかっこ良すぎではないでしょうか(笑) もしかしたら外国人労働者か、留学生という設定なのかもしれません。少なからず差別があるものだし、一部その行動にも説得力が出てきそうです。


絶妙な空気感を演出出来るのかどうかが、作品の出来の分かれ目となりそうです。元々、一歩間違えれば変質的な物語になってしまう、ギリギリの線の上で成り立っている話ですしね。あと、ラブストーリーとか紹介されていますが、もっと家族的なものである気がします。少なくとも、小説では。


●STARの1冊 : 2005年9月 田中麗奈 [WEB本の雑誌]

暗いところで待ち合わせを最近気になる一冊に挙げて、最後は感動して泣いたと感想を書いているのですが…。これ、実は撮影が決まってから読んだのではないでしょうか。この記事、今年の9月ですし。


撮影は年内に終わると聞いていたので、もう終わっているかもしれません。ベネチア国際映画祭への出品も視野に入れているそうなので、確かベネチアは9月頃ですから、完成はまだまだ先になりそうです。


ZOOはDVDで十分だと思ってたけど、この作品は見に行きたいなあ…。
ただ、原作とは別物と思って待っていたほうが良いかもしれません。


暗いところで待ち合わせ
暗いところで待ち合わせ

映画の前に小説を是非。
この不気味な表紙は内容に合わないと不評なので、お気になさらずに(^^;
まさか、この表紙で感動系とは思わないですよね。
| 映画 | | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks