メンチ・哀愁の日記

〜なせばなる!

<< トマトバジルパンを作ってみた | main | F1第9戦アメリカGP フリー走行 >>

「失はれる物語」乙一 (著)

失はれる物語
失はれる物語

「失われる物語」じゃなくて「失はれる物語」です。そりゃ検索してもなかなか出て来ないわけだ(笑)

このハードカバーの小説は、スニーカー文庫から出た3冊の小説からの傑作選です。
収録されている短編はどれもこれも切なさ漂う秀作です。

私はスニーカー文庫版を3冊とも持っているのですが、書き下ろし作品も収録されているとのことで、購入しました。

書き下ろし「マリアの指」の感想。
犯人の目星は早い段階で付きました。ただ、上手く推理させられているような、、絶妙に誘導させられている気がして…。いつも何かしら騙されるので、いくら結末を予想出来ていても油断ならないのが乙一作品なんですよね。で、もう終わりに近付いたので、今回こそはしてやったりと思っていたら、推理とは関係ない部分でしてやられました(笑)

ひとつ、(どうでも良いことなんだけど)疑問に思っていることがあります。
大原陸橋から等々力陸橋まで十数キロあるのに、電車は大原陸橋下を通過して1分後に等々力陸橋に到達したことになってるんですよね。新幹線でもあり得ません。そこに解決の糸口があるのかとずっと頭の片隅に置いて読んでいたのに、最後まで関係ありませんでした。単なる誤植か、乙一氏の訂正忘れだとは思うのですが、、私が何かを読み落としてるだけかもしれないので、どういうことだったのか知っていらっしゃる方は是非教えてくださいm(_ _)m

「失はれる物語」お気に入り度 ★★★★★★★★★★(10点)

ちなみに作品別のお気に入り度はこんな感じ。
  Calling You            ★★★★★★★★★★(10点)
  失はれる物語  ★★★★★★★★☆☆( 8点)
  傷           ★★★★★★★☆☆☆( 7点)
  手を握る泥棒の物語   ★★★★★★★★★☆( 9点)
  しあわせは子猫のかたち ★★★★★★★★★★(10点)
  マリアの指       ★★★★★★★★★☆( 9点)

書き下ろしだけでも、1500円出して買った価値はありました。傑作揃いだし、装丁は綺麗だし、挿絵がないぶん人にも勧めやすいですよね。…いえ、私は羽住都さんの暖かな絵が凄く好きなので、抵抗がなければスニーカー版も是非読んで欲しいと思っているのですが。

失踪HOLIDAY失踪HOLIDAY きみにしか聞こえない―CALLING YOU
 きみにしか聞こえない―CALLING YOU
 さみしさの周波数
 さみしさの周波数


個人的には、初めて乙一作品に触れる方には、値段の安い「暗いところで待ち合わせ」をお勧めしますが、「失はれる物語」も買って損はしないと思います。あ、Amazonのカスタマーレビューにはご注意を…。これから読もうと思っている人のことを全然考えてない、それを先に知ったら面白さが半減してしまうだろうと突っ込まれるようなレビューが時々ありますので。
| | - | comments (0) | trackbacks (1)

Comments

Comment Form

Trackbacks

『失はれる物語』を読んだ! | YOURELIGION | 2005/10/21 01:53 PM
■□■失はれる物語■□■■きみの音楽が独房にいる私の唯一の窓、透きとおった水のような6篇の物語。ブロードバンド映画「手を握る泥棒の物語」原作、書き下ろし短篇「マリアの指」同時収録。■■22-20sの感想■■この本、まず見た目に惹かれます♪カヴァーデザインが素...