メンチ・哀愁の日記

〜なせばなる!

<< 2009年F1第7戦トルコGP 予選 | main | 2009年F1第8戦イギリスGP 予選 >>

2009年F1第7戦トルコGP 決勝

バトンが圧巻の4連勝! レッドブルが2-3、トヨタダブル入賞 [F1-LIVE.com]

■ブラウンGP(KERS非搭載)
バトン優勝。バリチェロリタイア。
2番手スタートのバトンは、バリチェロがスタート失敗したこともあり、悠々と2番手をキープ。ベッテルが若干コースからはみ出した際にトップに出て、あっさりと勝負を決めました。これで5連勝、7戦中6勝。次はイギリスGP。初の母国優勝なるか、期待が高まります。いくら天然なバトンといえど、多少はプレッシャーがかかるでしょう。

バリチェロはクラッチの問題でスタート失敗。一気に順位を下げ、表彰台への道はいきなり閉ざされました。後方で必死に順位を上げようとするも、無理な突っ込みが目立ち、何度か他車と接触し、最後はギアボックストラブルでリタイア。散々な内容でレースを終えました。

確か昔、果敢にオーバーテイクを仕掛けた琢磨をアマチュアと評したのはバリチェロだった気がしますが。あの言葉が本心だったなら、もう引退すべきでしょうね。

■レッドブル(KERS非搭載)
ウェバー2位。ベッテル3位。
ウェバーは偶数グリッドスタートゆえ、トゥルーリに抜かれてしまいましたが、オープニングラップ中に順位を回復。バリチェロが下がったこともあって、序盤は3番手に。フェラーリのジャンプスタートが不発だったため、3位確定か、と思われましたが…。

ベッテルはスタートこそしっかり決めたものの、わずかなミスで2番手に後退。勝つためには、最初のスティントでバトンを抑えることが絶対条件でした。その後、軽い状態でもバトンについていけなかったにも関わらず、3ストップ作戦を慣行。明らかに、臨機応変に2ストップに切り替えるべきでしたが…。勝利への望みを自ら放棄しました。最終的にはウェバーの後ろに入るしかなく、ウェバーが2位でベッテルが3位に。レッドブルとしては、どちらが2位でも獲得ポイント数は一緒ですが、ベッテルは悔しいでしょうね。

■トヨタ(KERS非搭載)
トゥルーリ4位。グロック8位。
トゥルーリの4位は、これ以上ない結果でしょう。遅め遅めのピットストップがピタリとはまったグロックも8位入賞。3戦ぶりのポイント獲得をダブル入賞で飾りました。

力を取り戻してきたのは間違いないですが、浮き沈みの激しいマシンゆえ、今後もモナコのような厳しいレースを強いられることが何度かありそうです。ハンガロリンクやシンガポール等…。

■ウィリアムズ(KERS非搭載)
ロズベルグ5位。中嶋一貴12位。
9番手スタートのロズベルグでしたが、スタートで一気に5番手まで浮上。安定したレース運びで5位入賞を果たしました。予選できちんと良い位置を確保して、さらにスタートでジャンプアップ…。中嶋一貴もこれが出来たら、ねえ…。

中嶋一貴は珍しくスタート成功。ハイドフェルドをかわし、重タン勢のトップに躍り出て、有利な体勢を作りました。モナコの不運スパイラルは何だったのかと思うほど、上位のピットストップ後のマシンの多くが後ろに入るという運に恵まれ、終始前が詰まることなく、安定したペースを保持。1回目のピットストップ後、なんとクビサの前に入り、実質7位に浮上。アホなことをやらかさない限り、7位以上は確定か……と思われましたが。

2回目のピットストップでホイールナットが外れず、通常のピットストップと比べて約20秒のタイムロス。一気に13番手まで順位を落とし、今季初ポイント獲得の夢はついえました。中嶋一貴は、正直、ミスの多いドライバーと言わざるを得ませんが、さすがに今回は哀れでした。たまに好走してみれば、チームがミス。まるで2005年の琢磨を見ているかのよう。

■フェラーリ(KERS搭載
マッサ6位。ライコネン9位。
マッサはトルコGP4連覇ならず。フェラーリは思ったほどレースペースが上がりませんでした。特にライコネンが1周目に順位を落としてしまったのは痛手でした。

今週末も好調を維持してると思われただけに…。きっちり分析して次に生かすことが大事です。

■BMW(KERS非搭載)
クビサ7位。ハイドフェルド11位。
BMWがようやく自力でポイントを獲得できる位置に戻ってきました。クビサはなんと、今季初ポイント。序盤戦は惜しいレースもありましたが…ここまで苦労しました。

ハイドフェルドはタイヤのグリップ不足もあってか、スタートでいくつか順位を落としてしまい、我慢のレースになりました。

■ルノー(KERS非搭載)
アロンソ10位。ピケJr.16位。
最軽量だったアロンソはソフトタイヤでスタート。序盤に順位を上げたいところでしたが適わず、ピットストップで一気に順位を落とし、後は勝負になりませんでした。

ピケJr.は、ハミルトンとバトルを繰り広げる等、見せ場もありましたが、結局後方のまま。ただ、大きなミスがなかっただけでも収穫かと。噂されるリミットまであと3戦。結果を残せるでしょうか。

■マクラーレン(KERS搭載
ハミルトン13位。コバライネン14位。
これが現時点でのマクラーレンの実力です。

ハミルトンは驚きの1ストップ作戦。軽くしたところで、高速セクションでタイムを稼げないものだから、なかばヤケクソにも感じました。13位というのは、ハミルトンの精一杯の走りの結果でしょう。

コバライネンは前半、中嶋一貴の後ろで後続をブロック。燃料が軽めだったので、そんな状態からの上位進出は不可能でした。中嶋一貴の活躍の影の功労者……になるはずだったんですけどね(笑)

■トロ・ロッソ(KERS非搭載)
ブエミ15位。ボーデ18位。
ブエミは最終的にピケJr.を上回りました。走り自体は良かったのですが、マシンの状態が良くないです。どうしてここまでレッドブルと差が出てしまうのでしょうね。

ボーデは最後尾スタートから1ストップ作戦。普通に考えれば無謀でしたが、セーフティーカーを期待しての作戦敢行だったようです。そうでもしないと、ポイントのポの字も見えないですからね…。

■フォース・インディア(KERS非搭載)
スーティル17位。フィジケラリタイア。
スーティルは、結果は良いものではありませんでしたが、バリチェロとバトルするなど見せ場を作りました。最速マシンを繰る相手を手玉に取るシーンは見事でした(笑)

フィジケラはブレーキトラブルで、わずか4周でリタイア。長い時間をかけて準備してきて、レースがはじまってすぐリタイアというのは悔しいでしょうね。バラモスを倒してアレフガルドに行ったら「ぼうけんのしょがきえてしまいました」状態ですか(笑) コバライネンなんかは、開幕戦から2回連続で呪いの音楽を聞いてましたね…。


次戦イギリスGPは2週間後の6月21日です。イギリスGPは来季からドニントンで開催されることが決定しているので、F1発祥の地シルバーストンでの開催はこれが最後になるかもしれません。…ドニントンは、ブラックな噂をよく耳にするので、結局シルバーストンに戻る、なんてこともあるかもしれませんが(笑)
| F1 | - | comments (0) | -

Comments

Comment Form