メンチ・哀愁の日記

〜なせばなる!

<< ONKYO GX-R3X(W) アンプ内蔵スピーカー | main | 酒飲むとロクなことがありません。 >>

更新情報−MUSIC ROOMに1曲追加

他のサークルの同人企画に提供したオリジナル曲のインストゥルメンタル版を1曲公開しました。

流離う者達の晩歌 -instrumental ver.-
(MP3-128kbps)

−−構成−−
† <tempo-78bpm>
† 0:00 前奏(4小節)

† 0:12 Aメロ(16小節)
† 1:02 Bメロ(8小節)
† 1:26 サビ(8小節)

† 1:51 間奏(8小節)

† 2:16 Aメロ(8小節)
† 2:40 Bメロ(8小節)
† 3:05 サビ(8小節)

† 3:29 間奏(8小節)

† 3:54 Bメロ(8小節)
† 4:19 サビ(8小節)

† 4:43 後奏(8小節+α)
−−−−−−

ボーカル集「Ru Sepia」(2003年)に収録されました。CD収録版では、歌入りで音源を差し替えて頂いてます。

あるドラマCDのED曲として、落ちついたイメージとの依頼を受けて2002年に作曲しました。ドラマCD企画がなくなって、「Ru Sepia」で復活……って、前にも書いたな、こんなこと(笑)

いつものような、“とりあえず後ろでそれっぽく何か鳴らしておこう”な感覚ではなく(ぉ)、メロディーに合わせて上手く編曲出来たと思います。地味ではありますが、ストリングス(弦)を印象的に絡ませてみました。

それがどうも音源差し替え版だと違和感があるのですよね。もしかしたら、私の音源の音では目立たないだけで、楽譜的な欠陥があるのかもしれません。
元々専門的な音楽知識が全くないので、何かおかしな風に書いていても、耳に届く音に違和感がなければ気付かないのです。以前、それでどうやって曲作ってるのと、知り合いの同人音楽屋さんに突っ込まれました(^^;
作曲は、、フィーリングのみです。耳コピで研ぎ澄ませた感性に頼りっきり。


Gコードとか言われてもビデオ録画予約しか思いつきませんもの。


ボーカル版のサンプルはこちら。(MP3)
ルセピアの全10曲クロスフェードデモで、6曲目が「流離う者達の挽歌」です。
| INFOMATION | 音楽 | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks